<W杯>半端ないミス!?中国国営テレビのアナウンサーが大迫の名前を…

配信日時:2018年6月26日(火) 15時40分
半端ないミス!?中国国営テレビのアナウンサーが大迫の名前を…
画像ID  1000034
26日、サッカーのW杯ロシア大会コロンビア戦でのゴールで「大迫半端ないって」が大きな注目を浴びた日本代表FW大迫勇也だが、このほどCCTVのアナウンサーが大迫の名前を間違える「ミス」を犯した。写真は大迫のユニフォーム。
2018年6月26日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会コロンビア戦でのゴールで「大迫半端ないって」が大きな注目を浴びた日本代表FW大迫勇也だが、このほど中国中央テレビ(CCTV)のアナウンサーが大迫の名前を間違える「ミス」を犯した。

問題のシーンは日本対コロンビアの試合のハイライトを放送中に起きた。VTRが流れる中で男性アナウンサーは「香川真司が前半3分にPKを決め、大迫勇も後半にヘディングを決めた」とアナウンス。大迫勇也の「也」を抜かしてしまった。なぜこんなミスが起きたのか。

アナウンサーの発話を中国語で表記すると“大迫勇也在下半場打入頭球”となり、「也」はきちんと発音している。しかし、「也」は中国語で「~も」を表す副詞でもあるため、アナウンサーは「大迫勇」までが選手名だと誤認。“大迫勇,也在下半場打入頭球”と「勇」と「也」の間に一呼吸置いて読んでしまった。なお、切らずに読んだ場合は「大迫勇也は後半にヘディングを決めた」という意味になる。

これに対し、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)には、同じく「也」が最後に付く吉田麻也ら日本代表選手の名前をもじったコメントが続々と寄せられた。また、「はははは。(原稿の)名前の所にアンダーライン引いておけばいいのに」「CCTVの兄ちゃん、かわいいな」といった声や、「CCTVなら不思議じゃない」「CCTVのレベルなんてこんなもの」「コネで入社してるから知識がないんだよ」といった厳しい批判も。

その他、ブラジル対コスタリカの一戦でCCTVのアナウンサーが「アディショナルタイム」を「延長」と発言していたことを取り上げて批判するメディアも見られた。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事