Record China

ヘッドライン:

中国の裁判所が画期的な判決、「列車内の喫煙エリアを撤去すべき」=中国ネットは賛否両論

配信日時:2018年6月27日(水) 17時10分
拡大
25日、観察者網は、中国の裁判所が、列車内の喫煙エリアを撤去すべきとの判決を下したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2018年6月25日、観察者網は、中国の裁判所が、列車内の喫煙エリアを撤去すべきとの判決を下したと伝えた。

記事は「昨年6月9日、大学に入ったばかりの李(リー)さんは、K1301列車(北京から天津まで)に乗車したが、この時車内で鼻につくたばこの臭いを感じた。乗客は、喫煙エリアで喫煙していたが、車内全体にたばこの臭いが充満しており、李さんは運営企業であるハルピン市鉄路局を相手に訴えを起こした」と伝えた。

記事は、「この件は『国内初の公共の場所における無煙訴訟』と呼ばれた」と紹介。「25日午後、この件について北京鉄路運輸法院一審で判決が下され、法院はハルピン市鉄路局が列車内に喫煙エリアを設置したことは違法であり、30日以内にK1301列車の喫煙エリアを取り消し、喫煙具を撤去するようにとの判決を下した」と説明した。

記事によるとハルピン鉄路局側は、「乗車券に基づき原告を目的地まで運んだ。身体に不調をもたらしてはおらず、原告には入院証明もない。われわれは関係する義務をすべて果たした」と主張。そして、喫煙エリアの設置は法律に違反しておらず、国情に合致しており、実際的な措置であるとも主張していた。

しかし法院は、「喫煙エリアを設置することは、車内環境を悪化させるものとなり、換気していたとしても煙は列車の他の場所へ流れるほか、列車は全面禁煙であり、喫煙エリアを設置すること自体が違法である」とし、李さんの主張を認めたという。

これに対し、中国のネットユーザーから「喫煙者として、空港や駅、および長距離の公共の交通に喫煙場所がないことに強い憤りを感じる。長時間喫煙できないことは喫煙しない人の苦しみより大きいのだ!。この問題は喫煙エリアを設けることで解決できる」とのコメントが寄せられ、少なからぬ支持を得ていた。

しかし、「喫煙も禁煙も人の自由だ。でもその自由は他人の自由を妨げるものであってはならない。たばこの煙が他人に影響することは紛れもない事実」「喫煙者は大きな赤ん坊のようだな。たばこの煙をすべて自分の肺の中にだけ留めておけるのか?。できないなら黙るべきだ」という意見もあり、中国でも徐々にではあるものの、非喫煙者の権利が強調されるようになっているようである。(翻訳・編集/山中)

【新型肺炎対策】
自宅に幼児がいる方向けの書籍をレコードチャイナが翻訳しました。
中国の専門家がQ&A形式で回答しています。
ぜひ周りの方に共有お願いします。記事はこちら

関連記事

たばこを吸うため2年間で440回離席した日本の公務員が処分=「これはいいこと」「一休みもしてはいけないのか?」―中国ネット

5日、新浪新聞の中国版ツイッター・微博アカウントの微天下は、たばこを吸うため2年間で440回離席した日本の公務員が処分を受けたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2018年6月7日 6時0分
続きを読む

ランキング