セネガルが日本の「時間稼ぎ」をFIFAに抗議、中国ネットは日本に味方!「1点取れば問題なかった」「ルール内のこと」

配信日時:2018年7月2日(月) 20時0分
セネガルが日本の時間稼ぎをFIFAに抗議、中国人は日本に味方!
画像ID  999723
2日、サッカーW杯ロシア大会のグループリーグで、日本がポーランド戦で「時間稼ぎ」をしたことで決勝トーナメント進出を逃したセネガルのサッカー連盟が、FIFAに対して抗議した。写真はセネガル戦の会場となったエカテリンブルクアリーナ。
2018年7月2日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会のグループリーグで、日本がポーランド戦で「時間稼ぎ」をしたことで決勝トーナメント進出を逃したセネガルのサッカー連盟(FSF)が、国際サッカー連盟(FIFA)に対して抗議した。

ポーランド戦の終盤、日本は0-1で負けていたが、同時刻に行われているコロンビア対セネガルの試合でコロンビアが先制したことで、このまま終了すれば日本がフェアプレーポイント(イエローカードやレッドカードの枚数によるポイント)で決勝トーナメントに進出できる状況となった。そこで西野朗監督は選手に後方でパスを回すよう指示。日本は大ブーイングの中、およそ10分間にわたって攻撃する姿勢を見せなかった。

自力で決勝トーナメントに進出できる状況での時間稼ぎは珍しくないが、他の試合の結果を期待しての時間稼ぎは異例。そのため、この問題は世界中で賛否が分かれる論争となった。敗退したセネガルのシセ監督は「これはルールだ」として結果を受け入れたが、FSFは「将来的にFIFAはあのようなプレーは罰するべき」「サッカーの理念に反する」と訴えている。

このニュースを伝えた中国のサッカーメディア・虎撲足球の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントには、中国のサッカーファンからさまざまコメントが寄せられている。目立ったのは、日本側を擁護する声で、「自分たちが日本に勝っておけば良かっただけの話」「コロンビア戦で1点取れば良かっただけ」「(日本の時間稼ぎは)ルール内のこと」「時間稼ぎができたのは、前の2試合の貯金があったからこそ」「自分たちがリードしている優位性(※セネガルは2試合を終えた時点で2位だった)を生かせなかったくせに、日本を恨むことはできない」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/北田
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事