日本人があれを使う理由、もっと早く知りたかった―中国コラム

配信日時:2018年7月1日(日) 14時20分
日本人があれを使う理由、もっと早く知りたかった―中国コラム
画像ID  999716
木製の床板はデリケートであるため定期的にワックスがけをしたりメンテナンスしたりとタイルに比べ手間がかかる。そのため、中国ではタイルが使われることが多い。では、なぜ日本はタイルではなく木の床板を使うのか。資料写真。
中国の都市部では日本と同じように室内は靴を履き替えるのが一般的になったが、床板がタイルというのが一般的で、木製の床板は少数派。これに関して中国の不動産情報サイト・房天下は21日、「なぜ日本の住宅の床板は木製が多いのか?」と題したコラムを掲載した。以下はその概要。

日本の国土は中国と比べると狭いが、経済力は高く、生活の質を重視する傾向がある。そのため、各方面で日本人のこだわりを垣間見ることができ、そうした優れた点を学びに多くの人が日本に訪れている。

日本では床板の多くが木製で、タイルを使用するケースは少ない。木製の床板はデリケートであるため定期的にワックスがけをしたりメンテナンスしたりとタイルに比べ手間がかかる。そのため、中国ではタイルが使われることが多い。では、なぜ日本はタイルではなく木の床板を使うのか?

日本は木材が豊富であるため、床板ではタイルより木製の方が安い。また、日本では床に直接布団を敷いて寝る人もいる。この場合、タイルに比べて温度を保ちやすい木の方が適している。日本は地震が多く発生しているが、ベッドよりも床に直接寝た方が地震を感じやすいこともある。木製の床板だからこそ床で快適に寝られるため、木の床板は地震から身を守ることにも一役買っているといえる。つまり、日本人が木の床板を使用しているのは、木材へのこだわりのほかに、メリットも多いのだ。日本人が木の床板を使う理由、もっと早く知りたかった。(翻訳・編集/内山
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • pon***** | (2018/07/08 21:28)

    地震を感じやすい理由は違うと思う。日本は湿気が多いから床に空洞をつくって底上げをするため、コンクリやタイルは重く、お金がかかる。木は軽いしメンテがしやすいから。と聞いたことがあります。さらに畳をしいたり、絨毯しいたりして、家に帰ったら靴下や素足で歩くのがいいからではないでしょうか。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Ken***** | (2018/07/03 10:01)

    フローリング用としてだと輸入材のほうがメジャーではないだろうか。 それとフローリングにみえて実は安普請なクッションフロアというのも多いので、本当の木の床は見て感じるほど多くないと思う。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/07/03 08:07)

    >>木製の床板だからこそ床で快適に寝られるため、木の床板は地震から身を守ることにも一役買っているといえる。 そう・・・かなあ? 単に近代までベッドの文化が育たなかったってのが大きいと思うけど。 それに、木の床ってフローリングの事でしょ? 床に布団敷いて寝るなら畳なんだよなあ。 あと、タイルほどじゃないけど木製の床も冬は冷たいよ。日本人が木製品好きなのはその通りだとは思うけどね。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事