<W杯>中国人記者が「日本人に間違えられる」と苦悩吐露、中国ネット「光栄じゃないか」「はい、そうですって言っちゃえ」

配信日時:2018年6月26日(火) 11時20分
<W杯>中国人記者が「どこに行っても日本人に間違えられる」と苦悩
画像ID  999705
24日、新浪体育によると、ロシアでサッカー・ワールドカップを取材している中国人記者が、行く先々で日本人に間違われることに苦悩を覚えているという。写真はロシア・エカテリンブルク。
2018年6月24日、新浪体育によると、ロシアでサッカー・ワールドカップ(W杯)を取材している中国人記者が、行く先々で日本人に間違われることに苦悩を覚えているという。

記事の中で中国人記者は、日本対セネガル戦が行われた24日のエカテリンブルク市街について「朝から、ブルーのユニフォームを着た日本のサポーターを見かけた。そして、4万人が入るスタジアムは日本のサポーターでほとんど占拠されていた」と紹介。「街では日本人だけではなく一部のヨーロッパ人も、日の丸と『必勝』の文字が書かれたハチマキをしているのを見かけた」と伝えている。

そして、「ロシアの街を歩いていると、向こうからやって来たロシアや外国のサポーターが笑顔で『こんにちは(日本語)』と話し掛けてくる。そのたびに、仕方なくロシア語で『私は中国人だ』と答えるのだ」と苦悩を告白した。

これに対し、中国のネットユーザーは「日本人と間違えられるのは光栄じゃないか。中国人だと見抜かれていたら、それは好意を持たれていないということ」「いいじゃない。はいそうですって言っちゃえば」「日本人に間違えられたら、怒りながらたんつばを吐けば中国人と認識される」「彼らはその人のモラルを見て、日本人と中国人を区別しているのさ」といった感想を残しており、中国人と認識されないことに対する不満を吐露するようなコメントはほとんど見られない。

また、「何言ってるんだ。日本代表の試合の取材に行ってるんだから勘違いされるのは当たり前だろう。これが中国代表の試合で、アジア人の見た目をしてればみんな中国人だと認識される」「わが代表は出ていないのに、君たちがいきり立っても仕方ない」「中国人だと思われたいなら、中国代表のシャツを着て取材すればよし」といった指摘も多く見られた。(翻訳・編集/川尻

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

最新ニュースはこちら

SNS話題記事