Record China

ヘッドライン:

本田圭佑に「感服した」、日本は「アジアの誇り」、不屈の闘いぶりに中国からも称賛の声相次ぐ

配信日時:2018年6月25日(月) 9時50分
拡大
25日、サッカーW杯ロシア大会1次リーグH組で、強豪のセネガル相手に2度リードを許す展開となりながら、乾貴士と本田圭佑のゴールで追いつき、2―2で引き分けた日本代表の戦いぶりに、中国のネット上でも称賛の声が多く寄せられている。

2018年6月25日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組で、強豪のセネガル相手に2度リードを許す展開となりながら、乾貴士と本田圭佑のゴールで追いつき、2―2で引き分けた日本代表の戦いぶりに、中国のネット上でも称賛の声が多く寄せられている。

日本は1勝1分けで勝ち点4でセネガルと並んでいる。得失点差なども同じだが、警告数の差で首位となっている。28日のポーランド戦で引き分け以上なら自力での決勝トーナメント進出が決まる。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の検索キーワードランキングでは「W杯日本」が上位に入っており、中国のネットユーザーから「アジアの誇り」「2度のビハインドを追いついた日本の不屈の精神は称賛に値する」「中国サッカーが手本とすべきなのは欧州ではなく日本」などの声が寄せられていた。

1―2から勝ち点1につながるゴールを決めた本田については「コロンビア戦に続きまた投入早々に大仕事」「感服した」「さすがACミランが10番を与えただけのことはある」などと称賛の声が相次いだ。

またメキシコ戦でファウルを連発し物議を醸した韓国代表のプレーぶりと比較して「日本はすがすがしかった」という声もあった。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<W杯>韓国のメキシコ戦でのラフプレーの多さに中国ネットもあきれ気味=「あの動きは練習しているに違いない」「次のドイツが心配」

24日、新浪体育は、サッカーW杯ロシア大会F組で、韓国がメキシコと対戦した際、韓国のファウルが非常に多かったと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は韓国対メキシコの試合。

Record China
2018年6月24日 18時10分
続きを読む

<W杯>「日本勝った」が中国版ツイッター検索で1位、「世界が驚いた侍ジャパン」と韓国紙

サッカーW杯ロシア大会で日本がコロンビアに勝利した。W杯でアジア勢が南米勢を破ったのは初めて。中国版ツイッターの検索キーワードでは「日本が勝った」が1位となり、韓国紙は「世界が驚いた侍ジャパン」と報じている。写真は中国での日本対オコロンビア戦の放送。

Record China
2018年6月23日 7時40分
続きを読む

<W杯>直前の指揮官交代に不調…番狂わせ演じた日本代表のエネルギーはどこから来たのか―中国メディア

20日、中国新聞網は、サッカーW杯ロシア大会で日本が格上のコロンビア相手に2対1で勝利したことについて、「直前に指揮官を交代し、予選突破後の親善試合でも不調が続いていた日本代表が番狂わせを演じられたエネルギーはどこから来たのか」とする記事を掲載した。

Record China
2018年6月20日 23時30分
続きを読む

ランキング