Record China

ヘッドライン:

韓国サッカー協会のFIFAへの抗議、日本と中国から「恥を知らない」「また後出しジャンケン」と冷ややかな声

配信日時:2018年6月27日(水) 11時20分
拡大
26日、サッカーのW杯ロシア大会の韓国対メキシコの一戦で「明らかな誤審があった」として、大韓サッカー協会がFIFAへ遺憾の意を示す方針と報じられたことについて、日本や中国では批判の声が相次いでいる。写真は韓国戦。

2018年6月26日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の韓国対メキシコの一戦で「明らかな誤審があった」として、大韓サッカー協会が国際サッカー連盟(FIFA)へ遺憾の意を示す方針と報じられたことについて、日本や中国では批判の声が相次いでいる。

大韓サッカー協会の関係者は、韓国の2失点目となったエルナンデスのゴールについて「直前のプレーでキ・ソンヨンがボールを奪われたシーンで、メキシコのエレーラからファウルを受けていた」「主神の角度から見えなかったとしても、副審には見えていたはず」「ゴールに直結する場面だったがビデオアシスタントレフェリー(VAR)を使わなかった」などと主張し、FIFAに対して正式に遺憾の意を伝える方針を示した。

これについて、中国メディアの環球網は26日に「韓国メディアも同調している」と題した記事で、「韓国のメディアはこぞって『明らかな誤審』などの見出しを用いて、判定に疑問を投げかけている」と伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーからはメキシコ戦での韓国の荒っぽいプレーぶりを挙げて、「どんな顔して言ってるの?」「本当に恥というものを知らない」「VARを使ったら、韓国選手のほとんどが退場になるのでは?」「審判が正しく笛を吹いていれば、韓国選手はほとんどピッチに残ってなかった」といったコメントが寄せられた。この試合で、韓国はメキシコの3倍以上の24回ものファウルを犯し、イエローカードも4枚受けていた。

また、日本のネットユーザーからも「不満なんてどのチームにもある。後からしつこい」「また後出しジャンケン」「韓国は負けたら判定に文句」といった声や、「自分たちがどれだけファウルしたのか忘れたの?」「出場国中最多のファウルを犯しておいてよく言う」といった批判的な声が多く寄せられている。(翻訳・編集/北田

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「明らかな誤審により失点」大韓サッカー協会がFIFAに抗議へ=韓国ネットは「恥ずかしい」「他人のせいにしないで」

25日、韓国・世界日報によると、大韓サッカー協会は、ワールドカップ(W杯)ロシア大会のメキシコ戦での2点目の失点シーンについて「明らかな誤審があった」と主張し、国際サッカー連盟(FIFA)に遺憾の意を表明する考えを示した。資料写真。

Record China
2018年6月26日 13時30分
続きを読む

韓国サッカーを冷やかさない日本人たち、その反応に韓国ネット「さすが余裕がある」「日本の国民性は韓国よりまし」

26日、韓国・デイリーアンはこのほど、ワールドカップ(W杯)ロシア大会の1次リーグF組第2戦のメキシコ戦にも敗れ、グループリーグ敗退の危機にさらされた韓国サッカーの成績について「日本のサッカーファンは淡々と受け入れている」と報じた。資料写真。

Record China
2018年6月26日 12時0分
続きを読む

W杯韓国代表、ウィキペディア繁体字版で一時「伝説的なファウルをする強豪チーム」と編集される―中国メディア

25日、サッカーW杯ロシア大会に出場している韓国代表の試合中のファウルの多さが物議を醸す中、ウィキペディア繁体字版の「サッカー韓国男子代表」の説明文の一部が一時、「世界サッカーの伝説的なファウルをする強豪チーム」に書き換えられたという。資料写真。

Record China
2018年6月25日 23時10分
続きを読む

ランキング