中国国産ジェットC919、海外の「技術的問題に直面」報道に「試験飛行は成功」と国営メディアが反論

配信日時:2018年6月25日(月) 11時20分
中国国産機C919、海外の「技術的問題に直面」報道に中国反論
画像ID  999438
中国が開発を進めている国産ジェット旅客機「C919」について、海外から「技術的な問題に直面している」との指摘が出ていたが、中国が否定した。写真はC919。
2018年6月24日、ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)によると、中国が開発を進めている国産ジェット旅客機「C919」について、海外から「技術的な問題に直面している」との指摘が出ている。

台湾の聯合新聞網は24日、海外の航空産業ウェブサイトでは以前からC919には安全リスクがあると指摘しており、4月以降同機は飛行を全面的に取りやめていると報じた。

中国の国営通信社・新華社はこうした指摘や報道に反論する形で、「2機のC919が上海と西安で試験飛行を行い、これを成功させた」と伝えた。

新華社は「C919原型機のテスト飛行中に炭素繊維強化プラスチック製の部品が脱落した」などと伝えた米華字メディア・多維新聞の報道を引用しつつ、「中国の大型ジェット機開発プロジェクトは安定して前進している」と伝えている。(翻訳・編集/岡田)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • sya***** | (2018/06/25 13:24)

    車のエンジンも作れない国の飛行機などとんでもない危険物だ。 中国は基礎研究の全くない、完成品のコピーから物を作る国だから、緻密な精度を要求される部分が、荒精度しかできないのが中国だから、経年変化が速く、今飛べてもすぐに金属疲労を起こして墜落するのは目に見えている。車なら事故が起こっても命が助かる事も多いが、飛行機は死に直結するから、搭乗してはいけない飛行機だ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事