<中国人観光客が見た日本>日本のホテルで「うれしい驚き」、そこには心温まる設計が散りばめられていた

配信日時:2018年6月30日(土) 13時10分
日本のホテルで「うれしい驚き」、心温まる設計が散りばめられていた
画像ID  999346
24日、中国のネット上にこのほど、日本のホテルの部屋の設計について「心温まる」と指摘する文章が掲載された。
2018年6月24日、中国のネット上にこのほど、日本のホテルの部屋の設計について「心温まる」と指摘する文章が掲載された。以下はその概要。

日本のホテルは高価で狭い。同価格帯の中国国内のホテルの広さとは比べようもない。だが中国のことわざに「スズメは小さくても、五臓六腑すべて備わっている」とあるように、とても快適だ。

ホテルの部屋に入り、下駄箱を開けるとセキュリティーボックスが備え付けてある。日本では革靴がその人の身分を示すとも言われるそうで、男性にとても重視されている。下駄箱には革靴専用のブラシと防臭スプレーもあった。ズボンプレッサーも壁に固定されていて場所を取らず使い勝手がいい。

浴室に浴槽がついているのには驚かされた。人に優しい便座は日本由来のものだ。「日本の住宅で最も清潔な場所はトイレであり、主婦の働きぶりはトイレを見れば分かる」と中国のメディアが報じていた。トイレの神様は金運を運んでくれると信じる人もいるそうだ。

入浴を終えて気づいたのだが、鏡にはくもり止め機能も付いていた。加湿空気清浄機の音も部屋のエアコンの音もとても静かだ。小さな部屋には冷蔵庫や電気保温ポット、明るさ調整可能なベッドサイドランプなどもあり、コンセントの変換プラグも用意されていたのはうれしい驚きだった。

洗面所の水も直接飲める。日本の心温まる設計は、最良のユーザー体験を細かな部分まで突き詰めたものであり、深く考えさせられた。(翻訳・編集/柳川)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/06/30 13:49)

    日本のホテルは、最悪火事になった時にも燃え難い布が使われていて、火が付いてもガスが発生しない布を使っていたりする。 シャンプーやリンスも使ったら次の日連泊すると同じだけいっぱいになっていたりもする。 もっと自慢したらいいのにホテル側は、自慢しないから他にどんなすごいサービスしてるのかわからない。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事