米国人が考える「最大の脅威」、北朝鮮は急減、中国への懸念増―米意識調査

配信日時:2018年6月24日(日) 12時40分
米国人が考える「最大の脅威」、北朝鮮は急減、中国への懸念増
画像ID  999330
23日、米朝首脳会談後に米国で行われた世論調査で、北朝鮮を「最大の脅威」と考える人の割合は、昨年7月から30ポイントも急減したことが分かった。資料写真。
2018年6月23日、韓国KBSワールドラジオの中国語版サイトは、米メディアの報道を引用し、米朝首脳会談後に米国で行われた世論調査で、北朝鮮を「最大の脅威」と考える人の割合は、昨年7月から30ポイントも急減したことが分かったと報じた。

米ボイス・オブ・アメリカによると、米ニュースサイトのアクシオスと調査会社のサーベイモンキーが、米朝首脳会談後の今月15~19日、米国の成人3936人を対象に行った調査で、北朝鮮を「最大の脅威」と考える人の割合は19%にとどまった。昨年7月の調査では49%と高かった。

米国にとっての最大の脅威として最も多かった回答はロシアで29%、テロ組織ISIS(自称イスラム国)が22%で続いた。

中国を「最大の脅威」と考える人の割合は昨年の6%から19%へと増加した。

アクシオスの担当者は「1年前は米国人の半数近くが北朝鮮を米国にとって最も大きな脅威とみなしていた。だが現在はその数字が急減し、中国に対する懸念が高まっている」と指摘している。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事