Record China

ヘッドライン:

コロンビア戦視聴率、羽生フリー抜き今年最高=中国ではいろんな意味で「意外」の声も

配信日時:2018年6月21日(木) 17時10分
拡大
21日、サッカーW杯の日本対コロンビア戦の平均視聴率が、2月の平昌五輪フィギュアスケートで羽生結弦が金メダルに輝いた男子フリーを大きく上回り今年最高となったことが、中国でも関心を集めている。

2018年6月21日、サッカーのワールドカップ(W杯)日本対コロンビア戦の平均視聴率が、2月の平昌五輪フィギュアスケートで羽生結弦が金メダルに輝いた「男子フリー」を大きく上回り今年最高となったことが、中国でも関心を集めている。

中国のサッカー情報サイト「虎撲足球」は20日、日本メディアの報道を引用し、NHKが19日に生中継したコロンビア戦の後半(午後9時53分~同11時)の平均視聴率(関東地区)は48.7%だったと紹介。羽生の男子フリーの33.9%を大きく上回り、今年これまでで最高だったと伝えた。

中国のネット上では、コロンビア戦の視聴率が48.7%だったことについて「4年に1度のサッカーの祭典。世界最大のスポーツイベント。自分たちの代表の試合なのに(日本の視聴率は)思ったほど高くないな」「アイスランドでは、アルゼンチン戦の視聴率が99.6%だったそうじゃないか」「中国が(W杯に)出ていたら(中国の視聴率は)50%は軽く超えるな」などのコメントが寄せられており、48.7%という数字を意外だと感じる人が多かったようだ。

また、中国でもファンが多い羽生がフィギュア男子で66年ぶりに2連覇を達成した時の視聴率が33.9%だったことについても、「(羽生は)日本でも国民的アイドルだろ?(視聴率は)こんなものか」と驚きを示す声が書き込まれていた。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<W杯>直前の指揮官交代に不調…番狂わせ演じた日本代表のエネルギーはどこから来たのか―中国メディア

20日、中国新聞網は、サッカーW杯ロシア大会で日本が格上のコロンビア相手に2対1で勝利したことについて、「直前に指揮官を交代し、予選突破後の親善試合でも不調が続いていた日本代表が番狂わせを演じられたエネルギーはどこから来たのか」とする記事を掲載した。

Record China
2018年6月20日 23時30分
続きを読む

韓国のゴールキーパー、中国ネットが美意識の高さに注目―中国メディア

19日、捜狐体育によると、サッカー・ワールドカップ(W杯)1次リーグF組で、初戦のスウェーデン戦に敗れた韓国代表のゴールキーパー、チョ・ヒョヌ選手について、中国のネットで「色白で化粧をしているようだ。髪型も乱れず美意識が高い」と話題を呼んでいる。

Record China
2018年6月20日 9時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング