「韓国経済危機説」は大げさ!韓国メディアが反論も、ネットからは悲観的な声

配信日時:2018年6月21日(木) 6時0分
「韓国経済危機説」は大げさ!韓国メディアが反論も、ネットは悲観
画像ID  998092
20日、韓国・マネートゥデイは、最近「韓国経済の危機」を警告する声が相次いでいることに反論した。写真はソウル。
2018年6月20日、韓国・マネートゥデイは、最近「韓国経済の危機」を警告する声が相次いでいることに反論した。

記事は「韓国経済の低迷が本格化した、あるいは韓国経済がIMF(国際通貨基金)外国為替危機(1997年のアジア通貨危機)に次ぐ危機に陥っているという評価は過度な懸念」と分析。その理由として「輸出の景気好調」を挙げている。昨年、韓国の輸出は15.8%の高い増加率を達成。最近も13.2%(5月時点)増加し3カ月連続で500億ドル(約5兆5000億円)を突破、東南アジア諸国連合(ASEAN)地域を除く日本、米国、中国など主要国への輸出も2桁の増加率を記録しているという。

また記事は「第4次産業革命の加速に伴い世界最高の競争力を持つ半導体やIT製品の輸出景気が依然として好調で、続く原油価格の上昇に伴う石油製品の価格上昇も輸出好調に一役を担っている」と分析。さらに、韓国経済の半分以上の割合を占める国内消費景気も好調が続いており、第1四半期(1-3月)の民間消費は前年同期比で3.5%増加し、7四半期ぶりに最大値を記録した。最近の小売販売動向をみると、自動車など耐久財消費の増加率が第1四半期に8.9%増加したのに続き、4月には10.0%を記録。消費景気も堅調を維持しているとのこと。

さらに記事は、6月12日にシンガポールで行われた米朝首脳会談についても触れ、「北朝鮮の非核化が順調に行われた場合、北朝鮮への投資や開城(ケソン)工業団地の再開を含む南北経済協力の拡大による経済活性化が十分に期待できる」と主張。その上で「現時点で韓国経済の対内外環境が安泰でないのは事実だが、かといって韓国経済全体がすぐにでも崩壊するような危機説を広めることは、経済心理を萎縮させるだけ」と指摘した。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「この肯定的な数字は本当なのだろうか」「こうみると肯定的な要因がたくさんあるようだけど、サムスン1社がコケたら全滅じゃないのか」「好調なのは半導体だけじゃないの?」「新たな成長産業の話題がないね」「景気は数字より体感を信じるべき」など、景気に対し悲観的な意見が寄せられた。

一方で「確かに南北融和が進んで、北朝鮮に投資できるようになったら未来は明るいかも」と、将来への希望の声も見られた。

その他「市民の好況感意識への扇動行為か?」と指摘するコメントもあった。(翻訳・編集/三田)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事