2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

日本の女性サポーターに「私は売春婦」と言わせる、コロンビアサポーターの愚行に中国ネットの反応は…

配信日時:2018年6月22日(金) 12時30分
日本女性侮辱したコロンビアサポーターに、中国ネットは…
画像ID  998060
21日、看看新聞の微博アカウントは、サッカー・ワールドカップロシア大会の日本―コロンビア戦後にコロンビアサポーターが日本人と思われる女性にスペイン語で「私は売春婦」と言わせる動画が拡散し、非難が噴出したと報じた。写真はコロンビア戦。
2018年6月21日、看看新聞の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントは、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本対コロンビア戦後に、コロンビアサポーターが日本人とみられる女性にスペイン語で「私は売春婦」と言わせる動画が拡散し、非難が噴出したと報じた。

ネット上で公開された動画では、コロンビアの男性サポーターが、日本のユニホームを着た女性サポーター2人と一緒にカメラに映り、相手がスペイン語を話せないことを利用して女性にスペイン語で「私は売春婦」「すごくいやらしい」などと言わせている。

記事は、「この動画がSNS上で拡散し、多くのコロンビア人が怒りを示した」と紹介。20日にはコロンビア外務省が「決して許されないこと」と非難する声明を出したことも伝えた。

中国のネットユーザーからも「他人の善良さを利用して憂さ晴らしするとは。本当に国の顔に泥を塗る行為だ」「クズに国境はないんだな」「世界に向けて、コロンビア人の態度、修養、モラルの低さを伝えてしまった」「試合に負けるのはどうってことない。しかしモラルやマナーで負けるというのは国にとっての恥」「スポーツマンシップはどこにいった?」といった批判コメントが続々と寄せられている。

中には「日本は嫌いだけれど、これは本当に行きすぎだと思った」との声も。また、コロンビアサポーターの行為を支持するようなコメントも一部で見られたが、これには多くのユーザーから非難が寄せられていた。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事