Record China

ヘッドライン:

日本は一体どうした?地震、暴雨、猛暑、ついには台風まで、在日中国人や訪日客から嘆きの声

配信日時:2018年7月31日(火) 15時0分
拡大
異常気象や自然災害に次々に見舞われている西日本について、在日中国人や訪日観光客から嘆きの声が漏れている。写真は地震の際の新大阪駅。

2018年7月30日、異常気象や自然災害に次々に見舞われている西日本について、在日中国人や訪日観光客から嘆きの声が漏れている。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)にはさまざまな声が寄せられている。

「ここ1月余りで地震に豪雨、連日の猛暑、そして台風12号…風でアパートは揺れるし、ベランダに置いてある物はめちゃくちゃ。今年の日本は本当に災害ばかり」

「来日4年目。今までいろいろなことがあったけど、今月は震度6弱の地震と豪雨、生死に関わる猛暑に台風まで体験することになった」

「日本の生活はすごいよ~地震に猛暑、台風、土石流、次は何だろう(涙)」

「中国への帰国が決まって、今日が日本での最後の1日。地震やら台風やら猛暑やらいろんな災害に悩まされて逃げたかったけど、いざその日が来ると日本に踏みとどまりたくなる…まるで恋愛のようだわ」

「こうも立て続けだと、日本沈没が現実になるんじゃないかと心配になる」

「ここ最近は本当に災害ばっかりだ。地震はしょっちゅうだし、台風もどんどん激しくなっている」

「これだけ災害が続くと、復旧が間に合わない。被災した人たちは不安だろう」

「明日は東京に行く予定。自転車で鎌倉まで行くつもりなんだけど…」

「日本は猛暑続きだけど、日本人は誰も休みを取らないそうだよ」

「暑い工場も工事現場も、普段と同じように働いているらしい」

「地震や台風で電車が止まっても、料金の高いタクシーで出勤するほど」

「休んだことが知れるととても気まずい思いをすることになる。日本人は昔からそうだよ」(翻訳・編集/岡田)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング