Record China

ヘッドライン:

中国がアジアに巻き起こす“狂った軍拡競争”=国防費は1千億ドルを突破―米研究機関

配信日時:2012年5月30日(水) 11時8分
拡大
1/8枚
2012年5月28日、中国と周辺諸国による軍拡競争が地域の緊張に拍車をかけ、貧困撲滅、経済的格差解消を妨げている。米華字メディア・多維新聞が伝えた。

その他の写真

米シンクタンクのフォーリン・ポリシー・イン・フォーカス(FPIF)のウェブサイトに掲載された記事『アジアの狂った軍拡競争』によると、2011年はインドが世界最大の武器購入国となり、軍事予算が17%増の420億ドルとなった。また、中国も海軍を強化し、次世代ステルス機、米空母に対抗するためのミサイルを開発している。中国の軍事予算は毎年12%のペースで増加しており、現在では世界第二位の1064億ドルに達している。

中国と周辺諸国の緊張関係が軍拡競争を引き起こしており、日本は北部の戦力を中国に近い南部へと移し、フィリピンは新型機やレーダーを購入、米国との合同演習も行なっている。韓国は長距離巡航ミサイルの発射試験に成功した。米国も貿易やエネルギー供給の重要なルートを多く有するインドネシア軍との関係を改善させており、オーストラリアも中国を念頭に置いた国防体制を構築しつつある。

南シナ海における中国の強硬な姿勢により、ベトナム、ブルネイ、マレーシアとの関係にも緊張が生じており、スカボロー礁(中国名・黄岩島)を巡ってはフィリピンと一触即発の状況が続いている。

中国が自国の海域における問題については極めて敏感だが、拡張主義を押し通そうとしている証拠があるわけではなく、武力行使を急ぐ様子もない。一方で中国が周辺海域の制海権を非常に気にするのは、エネルギー供給のルートの約80%を米国やその同盟国家が押さえているからだという理由もある。

アジア情勢が緊迫していることは間違いない。だが、アジアは日増しに拡大する貧富の差やそれに伴う政情不安の中で軍拡競争を行うことはできるのだろうか。

50年以上前、米国のアイゼンハワー大統領は、「銃、軍艦、ロケットは、飢えているのに食料のない人々、寒さに凍えながら衣服を持たない人々からの盗品だ」と述べた。米国がすでに忘れてしまったこの忠告を、アジア諸国が覚えておいてくれることを期待したい。(翻訳・編集/長河)

関連記事

南シナ海問題で輸出、観光業に大打撃=解決に向け駐中国大使に元中国大使を指名―フィリピン

28日、フィリピンでは、スカボロー礁をめぐる中国の対立により、輸出、観光を中心に大量の失業者を生む可能性が指摘されている。アキノ大統領は、元中国大使のブラディ氏を駐中国大使に任命した。写真はフィリピンのパグサンハン。

Record China
2012年5月29日 8時39分
続きを読む

中国巨大軍事力の「穴」=全力挙げて研究も高品質エンジンの開発に失敗―米メディア

23日、米軍事ニュースサイト・ストラテジーページはこのほど、中国の戦闘機用エンジンは80%が輸入だと報じた。中国はエンジンの研究開発に力を入れているが、いまだに高品質の製品を作り上げることはできないという。写真は中国空軍の演習。

Record China
2012年5月24日 15時29分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング