Record China

ヘッドライン:

山東省で恐竜の足跡が大量発見、さまざまな恐竜が集結―中国

配信日時:2018年6月20日(水) 14時40分
拡大
米中豪恐竜足跡観測隊は18日、山東省で300個以上の恐竜の足跡を発見したと発表した。これは今から1億年前に恐竜たちが暮らしていた証となる。

米中豪恐竜足跡観測隊は18日、山東省⚫城県(⚫は炎におおざと)で300個以上の恐竜の足跡を発見したと発表した。これは今から1億年前に恐竜たちが暮らしていた証となる。

国内で有名な恐竜マニアである唐永剛(タン・ヨンガン)氏は2015年、化石愛好家の柳洋(リウ・ヤン)氏と現地を調査した際に、密集する恐竜の足跡を発見した。この足跡を研究するため、中国地質大学(北京)の邢立達(シン・リーダー)准教授を中心とする、臨沂大学古生物研究所の王孝理(ワン・シャオリー)教授、張軍強(ジャン・ジュンチアン)博士、郭穎(グオ・イン)博士ら学者がこの足跡を調査した。

恐竜の足跡が見つかったとしても、一般的にはその種類は1~2種にとどまることが多い。しかし李荘足跡エリアには、肉食の三前指型・中型獣脚類の足跡、小型獣脚類の足跡、微小型獣脚類の足跡、二前指型・小型デイノニコサウルス類、それから草食の幅狭の竜脚形類の足跡、幅広の竜脚形類の足跡、鳥類の足跡といった7種類があり、全体で300個以上の足跡が見つかった。

◆実写版「ジュラシック・パーク」

邢氏は取材に対し、「300個という数は特に多いわけではないが、これほど多様なのは稀だ。これは同エリアの自然環境が非常に優れており、各種恐竜がここで繁殖していたことを意味する」と説明した。

臨沂大学古生物研究所長の王孝理教授は、「同エリアではまだ恐竜の骨格の化石が見つかっていない。そのためここでどのような恐竜が生活していたかを伝えるのは、恐竜の足跡のみとなっている。足跡の多様性は驚きで、まさにジュラシック・パークそのものだ」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング