Record China

ヘッドライン:

相手選手の背中をキック!韓国は16年経っても変わっていなかった―中国ネット

配信日時:2018年6月19日(火) 10時50分
拡大
19日、サッカーのワールドカップロシア大会グループF、スウェーデン対韓国の試合でのあるシーンが中国のネット上で話題になっている。資料写真。

2018年6月19日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会グループF、スウェーデン対韓国の試合でのあるシーンが中国のネット上で話題になっている。

スウェーデンと対戦した韓国は0-1で敗れたが、この試合の後半、ファウルを受けて倒れたスウェーデンのアウグスティンソンの背中を、韓国のファン・フィチャンが蹴るというシーンが見られた。アウグスティンソンの腹のあたりにあったボールを背後から蹴り出そうとしたようだが、このプレーでファンはイエローカードを受けている。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で120万人のフォロワーを持つあるブロガーは、このシーンの動画と2002年の日韓W杯の韓国戦の動画を並べて比較。当時、スペインやイタリアを相手に激しいプレーを繰り返し、韓国のイ・チョンスが倒れたマルディーニ(イタリア)の頭部を思い切り蹴るというシーンは世界を騒然とさせた。

投稿者はスウェーデン戦を受け、「どんなにひどいサッカーも02年の韓国には勝てない。18年になっても韓国のサッカーは変わっていなかった」とつづっており、他のユーザーからは「このシーン見ていたよ。みんなわざとだと言っていた」といった声や、「本当に素晴らしいサッカーだね」「韓国の試合の楽しみはラフプレー」と皮肉る声が寄せられるなど、多くが韓国に批判的だった。

一方で、「韓国選手はボールを蹴り出そうとしただけ!わざと蹴ったわけじゃない!!」と訴えるコメントも寄せられていたが賛同を示す“いいね”は付いていなかった。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国、日本の選手が相次いで…韓国開催の国際大会の「黒歴史」―米華字メディア

14日、米華字メディア・多維新聞は、平昌五輪スピードスケート・ショートトラックで中国人選手の失格裁定が相次いだことについて「韓国が開催地の大会では、もはや当たり前になっている」とし、過去の「黒歴史」を振り返った。写真は平昌五輪会場。

Record China
2018年2月17日 8時50分
続きを読む

<サッカー>浦和と済州の乱闘騒ぎ、韓国のメディアやネットの反応は?=「これがサムライ精神なの?」「本当に恥ずかしい」

1日、埼玉スタジアム2002で行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦第2戦の浦和レッズ対済州ユナイテッドの試合で乱闘騒ぎが起きたとのニュースが韓国でも報じられ、注目を集めている。

Record China
2017年6月1日 11時0分
続きを読む

ランキング