大阪で被災、中国人が当時の様子を語る=「家がまるでプリンのように…」―中国メディア

配信日時:2018年6月19日(火) 11時50分
「まるでプリンのよう」大阪で被災した中国人が、当時の様子を語る
画像ID  997867
18日、北京青年報は、大阪を中心に発生した大地震を現地で経験した中国人の話を伝えた。写真は読売新聞の号外。
2018年6月18日、北京青年報は、大阪を中心に発生した最大震度6弱の地震を現地で体験した中国人の話を伝えた。

18日午前7時58分、大阪府北部を震源とするマグニチュード6.1の大きな地震が発生。大阪や京都などで大きい揺れを感じた。

大阪に留学中のある中国人学生は「寝ている時に突然、家がまるでプリンのように揺れた。その瞬間は何が起きたか分からなかったが、携帯電話の警報が鳴ったことで地震だと知った」と語った。

ある在日中国人は、出勤の準備中に家が揺れているのを感じたという。「ただ、そんなに大きいという感じではなく、外にも飛び出さなかった。駅に行ったら係員から地震で電車が止まっていると言われ、一度家に帰ってキックボードに乗って出勤したところ、上司から『今日は地震だから出勤しなくてもいい』と言われた。沿道では多くの店の看板が壊れていたが、倒壊した家は見かけなかった」と当時の状況について話している。

友人と共に卒業旅行で大阪に滞在していたという大学4年の中国人学生は「関西を一通り巡って前の晩に大阪に戻ってきた。18日午後の飛行機で沖縄に行く予定だった。ホテルの4階にある部屋で寝ていたが、揺れで目を覚ました。思わず両手で頭を抱えた。しばらくして、外国の観光客が慌てた感じで下に降りろと叫ぶのが聞こえた。でも、実際に下に降りてみると日本人はみんな冷静で、通勤通学する人たちは特に大きな反応はしていなかった」と語った。

学生はその後、航空便欠航の連絡が入っていなかったため、運転していた南海電鉄の特急電車で空港に向かったという。(翻訳・編集/川尻
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事