韓国がサッカーW杯の日中韓朝共催に意欲も、中国サッカー協会は否定「そんな計画ない」―中国メディア

配信日時:2018年6月17日(日) 10時0分
韓国がサッカーW杯の日中韓朝共催に意欲も、中国サッカー協会は否定
画像ID  997532
16日、韓国サッカー協会の鄭夢奎会長が、2030年または34年のワールドカップを韓国、北朝鮮、日本、中国で共同招致することに意欲を示したことについて、中国サッカー協会は「そのような計画はない」と否定したという。写真は18年W杯ロシア大会関連イベント。
2018年6月16日、中国メディアの新華網は、韓国サッカー協会の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長が、2030年または34年のワールドカップ(W杯)を韓国、北朝鮮、日本、中国で共同招致することに意欲を示したことについて、中国サッカー協会が「そのような計画はない」と否定したことを伝えた。

国際サッカー連盟(FIFA)は先ごろ、モスクワで開いた総会で26年W杯開催地の決選投票を行い、米国、カナダ、メキシコの3カ国が共同開催することに決まった。

記事は「鄭会長はFIFA総会での投票後、30年または34年のW杯を韓国、北朝鮮、日本、中国で共同招致することを希望すると発言した」とした上で、「中国サッカー協会の関係者は、新華網の取材に対し『そのような計画はない』と回答した」と伝えた。

記事はまた、26年W杯から出場チーム数が現行の32から48へと拡大され、試合数も64から80に増えることについて「出場チーム数の大幅な増加は、W杯の単独開催国に未曾有の(経済的)圧力を背負わせることになるだろう」とも伝えている。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事