Record China

ヘッドライン:

小惑星4700個、地球に衝突・落下の恐れ=中国が確率トップ―米メディア

配信日時:2012年5月19日(土) 11時33分
拡大
17日、米航空宇宙局(NASA)の観測データによると、約4700個の小惑星が衝突・落下などで地球を脅かす可能性があることが分かった。資料図。
(1/2枚)

2012年5月17日、米CNN、英紙デイリー・メールは、米航空宇宙局(NASA)の観測データによると、現在約4700個の小惑星が「衝突・落下などで地球を脅かす可能性がある」と伝えた。さらに、英サウス・ハンプトン大学の研究チームは「衝突が起きればアジア地域は重大な被害を受ける。衝突の可能性が最も高いのは中国」とした。新快報が報じた。

その他の写真

NASAによると、脅威となりうる小惑星の軌道は、地球から500万マイル(約805万キロ)以内に位置。直径100メートルを超えるものは大気圏に突入し、地上に墜落する可能性があるとみられる。報道では、小惑星1つが落ちただけで都市に壊滅的な打撃になると予測した。落下する可能性が高い国は以下の通り。

(1)中国(2)インドネシア(3)インド(4)日本(5)米国(6)フィリピン(7)イタリア(8)英国(9)ブラジル(10)ナイジェリア(翻訳・編集/AA)

関連記事

ドイツ衛星、あわや北京に落下!報道の真の狙いは宇宙分野の「独中合作」か―独メディア

30日、メルケル首相の訪中を今週に控え、ドイツメディア各社が驚くべきニュースを報じている。昨年10月に落下したドイツの衛星が、北京を直撃していた可能性があったという。写真は中国が発射し、江西省に落下したナイジェリアの通信衛星の切り離し部品。

Record China
2012年2月1日 8時20分
続きを読む

ランキング