韓国女優、慰安婦役演じてうつ病に―台湾メディア

配信日時:2018年6月15日(金) 8時0分
韓国女優、慰安婦役演じてうつ病に―台湾メディア
画像ID  997198
10日、新浪娯楽は台湾・ETtodayの記事を引用し、韓国で「国民の母」と呼ばれる大女優が、過去に慰安婦役を演じたことでうつ病を患っていたと報じた。資料写真。
2018年6月10日、新浪娯楽は台湾・ETtodayの記事を引用し、韓国で「国民の母」と呼ばれる大女優が、過去に慰安婦役を演じたことでうつ病を患っていたと報じた。

韓国の慰安婦をテーマにした映画「Her story」の試写会が先日、ソウルで行われた。同作で元慰安婦役を演じた女優の金海淑(キム・ヘスク)さんは、完成後もずっと恐怖で同作品を見ることができなかったと明かし、最終的に勇気を振り絞って観た後には、「やっとできた」という思いと、自分の力不足を意識し、複雑な感情になったという。

また、金さんは女優生活44年間でどんなに悲しい役を演じても、役から抜け出せなくなることはなかったというが、今作の慰安婦役では撮影中ずっと「自分はどこか病気なのでは」という感覚があり、日に日に無力感が増していったという。そして、ある日、極度に撮影現場に行きたくないという感情が襲い、撮影終了後に病院へ行くと、うつ病と診断されたという。

記事によると、金さんは通常、一つの作品を撮り終え、少し休んだ後に別の作品に出演していたというが、今回は2カ月余りあちこちを旅行して、ようやく気持ちを切り替えることができたという。(翻訳・編集/北田
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ひだま***** | (2018/06/16 22:47)

    2018年6月10日、新浪娯楽は台湾・ETtodayの記事を引用し、韓国で「国民の母」と呼ばれる大女優が、過去に慰安婦役を演じたことでうつ病を患っていたと報じた。完成後もずっと恐怖で同作品を見ることができなかったと明かし、最終的に勇気を振り絞って観た後には、「やっとできた」という思いと、自分の力不足を意識し、複雑な感情になったという。・・・・・・これは 恐怖(恐怖心)というものが 想像(イメージ←空想/イメージ形成←想像力/イマジネーション)とリアル化(シリアス/バーチャルリアリティ/仮想現実視←感情移入)によって成り立っていることを意味しているに他ならない。 よって、恐怖(恐怖心)を演じようと際限なく追究すると鬱病(精神障害/現実とイメージの境を超える/現実離れ/現実と空想の区別が着かなくなる)になるに他ならない。       役者バカ・演技にハマリ過ぎ    (爆)
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ali***** | (2018/06/15 11:41)

    きっと、この女優は慰安婦の史実をちゃんと勉強したんだろう。 なので、韓国で捏造された歪んた慰安婦を演じる事が苦痛になったんだね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ぷっぷ***** | (2018/06/15 11:08)

    >韓国女優、慰安婦役演じてうつ病に 「うつ病に」でなく「本業に」。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事