中国を混乱に陥れたイバンカ氏の「中国のことわざ」、実は中国のことわざじゃなかった?―中国メディア

配信日時:2018年6月14日(木) 14時0分
イバンカ氏つぶやいた中国のことわざ、中国のことわざじゃなかった?
画像ID  997100
イバンカ氏によるツイッターの「中国のことわざ」投稿が中国を混乱に陥れている。資料写真。
2018年6月14日、参考消息(電子版)によると、イバンカトランプ米大統領補佐官がツイッターに投稿した内容が中国を混乱に陥れている。

米朝首脳会談を翌日に控えた11日、ドナルド・トランプ大統領の長女イバンカ氏がツイッターに「何かを成し遂げようとしている人たちを、そんなことは無理だという人たちが邪魔してはならない。――中国のことわざ」と英語で投稿した。

ところが、この投稿が中国のどのことわざなのか当の中国人にもまったく想像がつかず、ネットを中心に困惑が広がった。

中国のネット上では、「もしかしたら『観棋不語(不用意に自分の考えを口にすべきではない)』のことでは?」や「『己所不欲,勿施於人(自分がしてほしくないと思うことは他人にすべきでない)』のことかもしれない」など、数多くの予想が書き込まれた。

その一方で、「そもそも本当に中国のことわざなのか」「米国の中華料理チェーン店で食べたフォーチュン・クッキーにでも書いてあったんじゃないか」という意見も書き込まれている。

米紙ワシントン・ポストはそうした中、米国で活動している中国系コメディー俳優ロニ-・チェンさんの話として、「これは中国のことわざではない」と伝えている。(翻訳・編集/岡田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事