中国、W杯期間中に飲酒運転取り締まり強化=4年前は191人死亡―中国メディア

配信日時:2018年6月14日(木) 15時0分
中国、W杯期間中に飲酒運転取り締まり強化=4年前は191人死亡
画像ID  997077
14日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会がいよいよ開幕する。ビール片手にテレビ観戦という人も多いと思うが、中国ではW杯開催期間中、飲酒運転の取り締まりが強化されるという。資料写真。
2018年6月14日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会がいよいよ開幕する。ビール片手にテレビ観戦という人も多いと思うが、中国ではW杯開催期間中、飲酒運転の取り締まりが強化されるという。

中国国営新華社通信によると、中国の公安(警察)当局は13日、「W杯が14日に開幕し、端午節の連休(今年は16日~18日)を迎えることから、期間中、飲酒運転やドラッグ吸引運転の取り締まりを強化する」と発表した。

前回2014年のブラジルW杯期間中、中国国内では、飲酒運転により死傷者が出た交通事故が459件発生し、191人が死亡、482人が負傷したという。

公安当局は「W杯の試合は夜間または早朝に集中する。観戦を楽しむと同時に、交通安全にも注意してほしい」と呼び掛けている。(翻訳・編集/柳川)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<