ソウルの人気観光地が“修羅場”に?市民のマナー不足を韓国ネットが批判

配信日時:2018年6月16日(土) 9時10分
ソウルの人気観光地が“修羅場”に?市民のマナー不足をネットが批判
画像ID  997014
13日、韓国・アジア経済は、気温の上昇とともにソウル市内を流れる漢江沿いにある汝矣島漢江公園を訪れる市民が増加し、それにより公園に変化が生じていると報じた。写真は漢江。
2018年6月13日、韓国・アジア経済は、気温の上昇とともにソウル市内を流れる漢江(ハンガン)沿いにある汝矣島(ヨイド)漢江公園を訪れる市民が増加し、それにより公園に変化が生じていると報じた。

記事は、涼をとる市民でにぎわう公園の様子を「修羅場と化している」と表現。中でも目に付くのは夏の日差しを遮ってくれる「テント」だといい、読書や昼寝、カードゲームなどを楽しむ市民が多い中、入り口を締め切っているものもあったという。また、日没後もテントの数は減らなかったそうだ。なお、漢江でテントを利用する際には2面以上を開放し、夜には撤去しなければならない決まりになっている。

記事は、公園内の交通の問題も指摘している。自転車と歩行者が入り混じっているため、事故につながる可能性のある危険な光景が何度も見られるという。この他にも、公園の最寄駅である汝矣(ヨイ)ナル駅の前には違法露天商が道路に列をなしており、調理の際の煙などが通行人の迷惑になっている。

公園近くに住むある住民は「冬以外の春、夏、秋には人が多くうるさい。休むのはいいが、騒がず、ごみの分別をしっかりするなど高い市民意識を見せてほしい。違法露天商対策もしてほしい」と残念そうに話しているという。

これを受け、韓国のネット上では800件近くのコメントが寄せられているが、「シンガポールのようにかなりの罰金を科さない限り無理。処罰が軽いから管理事務所の職員や警察が注意しても甘くみられる」「他はまだしも、テントの中で痴話げんかやイチャイチャする人の気が知れない。子どもたちに聞こえるんじゃないかとヒヤヒヤする」「ソウル市長は何やってるんだ。警察に見回りさせてくれてもいいじゃん」「テント禁止にしたら?どこでも食べ物を広げて食べる文化をなくすべき」「難民キャンプじゃないんだし…」など批判のオンパレードだった。(翻訳・編集/松村)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事