中国は日本よりもブラック労働?中国人自身の見方は…

配信日時:2018年6月14日(木) 20時0分
中国は日本よりもブラック労働?中国人自身の見方は…
画像ID  996858
日本メディアは中国の労働環境について「日本以上のブラック労働でも悲壮感はない」と伝えているが、中国人自身の見方は…?。
2018年6月12日、中国メディア・観察網によると、日本メディアが中国の労働環境について「日本以上のブラック労働でも悲壮感はない」と伝えた。

中国では「996工作制」と呼ばれる働き方がある。朝9時から夜9時まで週6日働くことを意味する。残業代も出ず、日本の会社員以上に厳しい長時間労働を強いられているが、それでも悲壮感がないのは「働いた分だけ見返りがある」からだ。残業も無駄ではなく、有効な残業だからこそ長時間でもがむしゃらに働くことができるという。

この報道に、当の中国人自身からは次のようなコメントが書き込まれている。

「一丸となって働いているからこそ奇跡的な成長が40年も続いている」
「日本の会社員は働き方がおかしい。自分たちはだらけているくせに、勤務時間中に仕事を終わらせて帰ろうとすると白い目で見られる」
「日本では毎月残業200時間のブラック労働だというが、勤務時間中ずっとサボっているのでは?」

「ある中国企業が雇った日本人は出勤初日、日本では残業ばかりだったと自慢げに話したが、1カ月もするとこんなに残業ばかりなのはおかしいと言って辞めてしまった」
「悲壮感がないのは、見返り以外に、拝金主義教育を受けてきたことや、そもそも関連法規・社会保障が不十分あるいは間違っていることもある」
「日本と中国のどちらがきついかはわからないが、中国では民間企業よりも国営企業の方がきつい」

「よそは知らないけど、武漢市の末端職員は996どころではない」
「見返りがあるのは、サラリーマンじゃなくて支配層では?」
「中国人はたしかに働き過ぎかもしれないが、見返りがある人もいれば、そうでない人もいる。貧富の格差はひどくなる一方だ」

「毎日9時の出退勤もすっかり慣れっこになった」
「田舎に帰ればそんなにあくせく働かなくても気楽な生活が送れるのに」
「中国の急成長は人々ががむしゃらに働いたから。その結果、官僚や資本家を太らせたわけだが」

「大変だという感じはないが、趣味や余暇はなくなった」
「中国は豊かになったが、もっと裕福になりたい。だから今の状況がある」
「中国では、仕事がつらいといっても誰も耳を貸さないし、貧乏を嘆いても笑われるだけだ」(翻訳・編集/岡田)
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/06/24 16:04)

    働き方を中国と同等にしようとし始めたのが小泉竹中からだけどな。 あの辺りから過労死の話題も増えてきた。 で、今回の働き方改革()でより一層中国化が進む。まず確実に。 企業から見れば「定額働かせ放題」で「改革」なのかも知れないが、労働者にとっては望んでもいない「改悪」に他ならない。 欧米でも非正規労働者は少なくないが、欧米では「いつ首を切られるか分からない身分」だという理由で、金銭的な待遇はむしろ正社員よりも上だ。 なんでも「世界標準」「欧米はこうやってる」と言いながら消費税なんかはバンバン上げる日本政府だが、そういう「欧米の非正規の待遇」なんかに関してはダンマリ決め込んでやがるんだよな。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事