日本のごみ分別には敬服してきたが、この措置には違和感―華字紙

配信日時:2018年6月14日(木) 8時30分
日本のごみ分別には敬服してきたが、この措置には違和感―華字紙
画像ID  996857
12日、華字紙・日本新華僑報は、「日本でごみ袋に名前を書かなければならなくなるなんて」とする記事を掲載した。資料写真。
2018年6月12日、華字紙・日本新華僑報は、「日本でごみ袋に名前を書かなければならなくなるなんて」とする記事を掲載した。以下はその概要。

日本のごみの分別制度には敬服してきた。幼いころから秩序を守る特性に言及したくなる。そこへ出てきたのが一部自治体のごみ袋への記名制だ。

九州の一部地域では、自治体が指定するごみ袋に名前を書く欄を設けた。ごみを出す場合は名前を書かなければならない。燃えるごみと燃えないごみを分けるなどのルールを一部で守らない人がいるため、分別を徹底するために講じた措置という。燃えるごみに金属片などが混じっていると、処理場で圧縮する際に機械を傷つけてしまう。これまでに何度も破損事故が起き、修理費用もかかるため、記名制に踏み切ったという。

理由はよく分かるが、違和感を感じる人も多いだろう。日本は個人情報の保護を重視する国だ。個人情報が漏れたせいでストーカー被害にあうこともある。多くの人がルールをよく守る日本でも、今回のような措置が必要になるご時世なのだ。(翻訳・編集/大宮)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/06/15 00:00)

    違法投棄ないしは迷惑なゴミ出しするバカは少なからず居るからな。 機械が脆弱なら頑丈なものに替えればいいという話もあるかも知れないが、それが出来るかどうかは自治体の台所事情にもよるだろうし。 ただ、それとは別に単身赴任や転勤の多い家庭なんかは、ゴミ出しが結構ネックだったりもする。自治体も対症療法ばかりではなく、事態をキッチリと分析して適切な処理をするべきではないだろうか。 まあ、自治体を統括するのはお役所=公務員な訳だが、困ったことに公務員は「何も変えないのが成果」だと思ってる愚か者が多い。「より良い社会」を形作るためには、公務員の役割は決して小さくない筈なんだが。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<