森田童子さんの訃報に中国で驚きと悲しみの声、名曲聴いてしのぶファンも

配信日時:2018年6月12日(火) 18時0分
森田童子さんの訃報に中国で驚きと悲しみ、名曲聴いてしのぶファンも
画像ID  996814
12日、「ぼくたちの失敗」などで知られるシンガー・ソングライターの森田童子さんが4月24日に心不全で死去していたことが、中国のファンにも大きな衝撃を与えている。資料写真。
2018年6月12日、「ぼくたちの失敗」などで知られるシンガー・ソングライターの森田童子さんが4月24日に心不全で死去していたことが、中国のファンにも大きな衝撃を与えている。

中国版ツイッターの微博(ウェイボー)では、あるユーザーが森田さんの訃報を伝えた上で、「1970年にデビューし、ミステリアスな曲風と、カーリーヘアに黒いサングラスがトレードマークだった。1993年に大ヒットしたテレビドラマ『高校教師』で多くの作品が主題歌や挿入歌に起用された。主題歌の『ぼくたちの失敗』はスタンダードナンバーとなった」と投稿すると、森田さんのファンやドラマを見たというネットユーザーから驚きと悲しみの声があがっていた。

「愛する日本の女性シンガー、森田童子さんをしのぶ」とする記事を12日未明に投稿した中国のファンは、「森田さんの訃報を友人から伝えられた」とし、森田さんの「たとえばぼくが死んだら」を聞きながら朝まで過ごすつもりだとつづっていた。(翻訳・編集/柳川)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事