100回目のマラソン完走を成し遂げた70代の中国人男性

配信日時:2018年6月12日(火) 15時10分
100回目のマラソン完走を成し遂げた70代の中国人男性
画像ID  996729
甘粛省で10日に行われた「2018蘭州国際マラソン」の会場では、28カ国・地域から4万人以上の参加者が黄河の周りを力の限り走っていた。
甘粛省で10日に行われた「2018蘭州国際マラソン」の会場では、28カ国・地域から4万人以上の参加者が黄河の周りを力の限り走っていた。そんな中、山東省出身の高齢者男性・王美[王其]さん(71)にとっては、同大会が完走した100回目のフルマラソン大会となった。新華網が伝えた。

2012年、友人の勧めで、王さんはマラソンと出会い、そのマラソン人生をスタートさせた。数カ月にわたる一連の訓練を経て、王さんは2012年北京国際マラソンで初めてフルマラソンに参加し、それをきっかけにしてマラソンに夢中になった。

それ以来6年にわたって、王さんは中国全土80都市以上で行われたマラソン大会に参加した。王さんがなによりも誇りに感じているのは、持ち前のタフな精神力としっかりした練習方法により、100回目のマラソン大会を完走した後もケガ一つしていないことだ。

蘭州国際マラソン組織委員会が同大会に「100回目のマラソンチャレンジプログラム」を新たに設置することを知り、王さんはすぐさま申し込み資料を提出し、早めに蘭州に向かい、高地順応のトレーニングを行った。王さんは、「母なる大河である黄河で100回目のマラソン完走を成し遂げることができた。これは私にとって、最も貴重なマラソン経験だ」と語った。(編集YK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事