サッカーW杯の公式ボールは中国製!=「ボールはW杯に行くのに人は行けない」と中国ネットは無力感

配信日時:2018年6月14日(木) 9時0分
サッカーW杯の公式ボールは中国製「ボールは出場も人は出場できず」
画像ID  996706
11日、中国の動画サイト・梨視頻は、W杯ロシア大会の公式ボールが中国製であることを紹介する動画を配信した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2018年6月11日、中国の動画サイト・梨視頻は、間もなく開幕する2018FIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会の公式ボールが、中国製であることを紹介する動画を配信した。

動画では、広東省東莞市にあるサッカーボール工場を紹介。「W杯では中国製のボールが採用された。この企業では、国内初となるオートメーション化した生産ラインを導入し、ライン従事者を80人から10人に削減。1日1000個のボールを製造できる」と紹介した。

この企業の王冲(ワン・チョン)総経理は、「従来の抜型を使用した刃物でのカットから自動切断機に変更し、これまでのスクリーン印刷から全自動印刷機に変え、伝統的な人手による運搬からロボットによる運搬に変えた」と語った。さらに、すべてのサッカーボールにQRコードが付けられ「いつ、誰が、どんな材料で製造したのかなどが分かる」という。

これに対し、中国のネットユーザーから「中国のサッカーボールはW杯に出場」「ボールはW杯に行くのに人は行けない」「でもサッカーをするのは中国人ではない」などのコメントが寄せられ、中国代表がW杯へ出場できなかったことへの無力感が伝わってくる。

また、「中国は代表チーム以外ならみんなW杯へ行ける」「W杯での得点はすべて中国からということですね」「中国はW杯に行っていないという人がいたら、俺は怒るよ」「こういうことで中国人を慰めるしかない」などの自虐的なコメントも多かった。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<