2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

フィリピンの慰安婦像、中国系団体が政府に再設置呼び掛け―中国メディア

配信日時:2018年6月11日(月) 14時30分
フィリピンの慰安婦像、中国系団体が政府に再設置呼び掛け
画像ID  996575
11日、中国新聞網は、フィリピンの中国系団体が同国政府に対し、慰安婦像の再設置を呼び掛けていると報じた。写真は撤去された慰安婦像。
2018年6月11日、中国新聞網は、フィリピンの中国系団体が同国政府に対し、慰安婦像の再設置を呼び掛けていると報じた。

記事によると、12日はフィリピンがスペインから独立したことを記念する祝日で、この団体は「同様に、日本の占領下で国のために犠牲になった抗日の志士を忘れてはならない」と主張した。

慰安婦に関しては「無数の女性が日本軍によって慰安婦とさせられた。この苦しみの歴史はその後、暴露されたが、30年にわたる闘争は今でも歴史のごみ箱に入れられる危機に直面している」と訴え、「マニラの慰安婦像が撤去されたのは、日本政府が援助金や投資でフィリピン政府に屈服を迫ったからだと信じている」とも主張している。(翻訳・編集/野谷
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事