「一帯一路」に日本企業は乗り気も、日本政府は迷い―中国メディア

配信日時:2018年6月12日(火) 5時50分
「一帯一路」に日本企業は乗り気も、日本政府は迷い―中国メディア
画像ID  996571
11日、観察者網は、中国が主導する巨大経済構想「一帯一路」について、日本国内の動きを分析した。「日本企業はビジネスチャンスと捉え、参入に乗り気だが、日本政府はまだ迷っているようだ」と伝えている。資料写真。
2018年6月11日、観察者網は、中国が主導する巨大経済構想「一帯一路」について、日本国内の動きを分析した。「日本企業はビジネスチャンスと捉え、参入に乗り気だが、日本政府はまだ迷っているようだ」と伝えている。

記事は「日本の世論に今年上半期、大きな変化が起きた。これまで『一帯一路』構想を全面的に否定していた日本メディアの姿勢が、半信半疑に前進した。合わせて日本企業の姿勢も変わった。中国が運転する『一帯一路』列車に乗り込もうとする企業が出現している。しかし、日本政府は『今乗るべきか、次の列車に乗るべきか』と、いまだに迷っている。安倍政権は自らの方針に確信が持てないようだ」と伝えた。

その上で、「日本で5月に『中国と欧州をつなぐ長距離貨物列車が開通する』とのニュースが流れた。その後、日本の大手物流企業が、『同路線を利用したサービスの提供を開始する』との報道もあった。中国のシルクロードを通じて欧州に物資を運ぶ時代が来たのだ」と論じた。

記事は「一方で日本政府の姿勢は今、硬軟両方を取り混ぜた方針だ」とし、「軍事予算を引き上げ、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)には協力しないと表明している。しかし、日本企業が『一帯一路』に参加する動きには、支援こそしないものの、理解を示している。まさに硬軟取り混ぜた方針だが、日本政府の態度は、企業からすれば迷っているように見えるだろう」と指摘している。(翻訳・編集/大宮)
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • sya***** | (2018/06/28 10:29)

    迷う必要はない。必ず消滅する。 中国には、経済政策を推し進める能力はゼロだ。 誰も住む人がいないのに大住宅街を全国に作り、廃墟になり、乗客のいない処に高速鉄道を通して何万キロ敷設したと自慢し、株式市場には政治介入し、経済がわかっていない。 AIIBも一帯一路も尻すぼみで頓挫する。 日本政府が迷っているというのも、中国の単なる思惑で、誘導しようと悪だくみをしているだけだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/06/12 14:21)

    >日本政府は『今乗るべきか、次の列車に乗るべきか』と、いまだに迷っている 脱線するとわかっている列車に〈国民の税金〉を投資できるはずがない。日本企業にしても〈金に目がくらんだ愚か者〉ではなく、採算が取れる目安があってのことだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事