Record China

ヘッドライン:

朝鮮半島が“最悪の台風被害地域”に変貌している?=韓国ネットから疑いの声「日本の間違いでは?」

配信日時:2018年6月11日(月) 19時30分
拡大
2018年6月11日、韓国・東亜日報によると、朝鮮半島が世界で最も早く「台風被害に脆弱(ぜいじゃく)な地域」に変貌していることが分かった。

米国立海洋大気庁(NOAA)国家環境情報センターのジェームズ・コーシン研究員は、1949~2016年に世界で発生した台風やサイクロン、ハリケーンなどの熱帯低気圧7585件の人工衛星観測資料を分析した結果を、6日付の学術誌「ネイチャー」で発表した。それによると、世界の熱帯低気圧の移動速度は68年で10%遅くなった。また韓国など東アジアの台風の速度は30%遅くなり、平均よりはるかに急激な変化を見せた。北米西部のハリケーン(20%)や豪州のサイクロン(19%)より変化の幅が大きかったという。

コーシン研究員は「太平洋北側の地域は台風の移動速度が最も遅い地域」とし、「降雨継続時間が増えて降雨量が増えると、波や風による被害が増加する可能性がある」と指摘した。

また台風の移動経路も朝鮮半島にとって不利になったという。コーシン研究員は1980~2013年に世界で発生した熱帯低気圧の移動経路と強度を分析し、2014年5月の「ネイチャー」と16年8月の「米国気象学会誌」でそれぞれ発表した。それによると、熱帯低気圧が最も強くなる地域は毎年5.3~6.2キロメートルずつ北側(北半球)または南側(南半球)に移動している。その変化を直接的に受けている場所が朝鮮半島付近だという。

台風が最も強い時の位置は、1996年まではフィリピンと南シナ海に集中していたが、97年以降は日本南部と中国東部、朝鮮半島に集中している。コーシン研究員は「韓国は台風の移動速度と経路という二つの変化の影響を受けている」とし、「この事実を都市計画と災害危険緩和政策に反映しなければならない」と警告したという。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「ここ4~5年、韓国に台風が上陸した記憶はない」「日本の間違いでは?」「朝鮮半島に向かう台風が途中で日本の方にそれるのを何度も見てきたのに?」「いつも日本の方に行くじゃん。でたらめな情報だ」「台風?。ああ、シンガポールからやってくる台風(米朝首脳会談)のこと?」など疑いの声が寄せられている。

そのため「台風被害よりメディア被害の方が深刻」「発生してもいない台風の被害を心配するより、質の悪いメディアを改善した方がいい」など、記事を報じたメディアへの批判的な声も多い。

一方で「事前に備えて被害を最小化させよう」「高層マンションが多いから心配」「警戒して損することはない」などの声も見られた。(翻訳・編集/堂本
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

地震で延期された韓国の大学入試、万全の安全策がむしろ不安を増長?=韓国ネット「安全不感症が深刻」「日本の災害のニュースを見ると…」

21日、地震の影響で延期が決まった大学入試に向け、震源となった韓国の南東部では試験会場の安全対策が進められているが、韓国・中央日報によると、そうした準備自体が受験生たちの不安をあおりかねないと懸念の声が一部で出ているという。資料写真。

Record china
2017年11月22日 6時40分
続きを読む

韓国、震度4の地震で耐震設計の小学校が崩壊危機=ネットから落胆の声「設計のみ耐震で工事は手抜き」「安心して子どもを育てられない」

21日、韓国メディアによると、15日に発生した地震により被害を受けた興海小学校が一部の建物を撤去することを決めた。しかし、同校の建物には耐震設計が施されていたことが分かり、それにも関わらず大きな被害が出たことに懸念の声が上がっている。資料写真。

Record china
2017年11月21日 18時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング