朝鮮半島が“最悪の台風被害地域”に変貌している?=韓国ネットから疑いの声「日本の間違いでは?」

Record China    2018年6月11日(月) 19時30分

拡大

11日、韓国・東亜日報によると、朝鮮半島が世界で最も早く「台風被害に脆弱(ぜいじゃく)な地域」に変貌していることが分かった。資料写真。

2018年6月11日、韓国・東亜日報によると、朝鮮半島が世界で最も早く「台風被害に脆弱(ぜいじゃく)な地域」に変貌していることが分かった。

米国立海洋大気庁(NOAA)国家環境情報センターのジェームズ・コーシン研究員は、1949~2016年に世界で発生した台風やサイクロン、ハリケーンなどの熱帯低気圧7585件の人工衛星観測資料を分析した結果を、6日付の学術誌「ネイチャー」で発表した。それによると、世界の熱帯低気圧の移動速度は68年で10%遅くなった。また韓国など東アジアの台風の速度は30%遅くなり、平均よりはるかに急激な変化を見せた。北米西部のハリケーン(20%)や豪州のサイクロン(19%)より変化の幅が大きかったという。

コーシン研究員は「太平洋北側の地域は台風の移動速度が最も遅い地域」とし、「降雨継続時間が増えて降雨量が増えると、波や風による被害が増加する可能性がある」と指摘した。

また台風の移動経路も朝鮮半島にとって不利になったという。コーシン研究員は1980~2013年に世界で発生した熱帯低気圧の移動経路と強度を分析し、2014年5月の「ネイチャー」と16年8月の「米国気象学会誌」でそれぞれ発表した。それによると、熱帯低気圧が最も強くなる地域は毎年5.3~6.2キロメートルずつ北側(北半球)または南側(南半球)に移動している。その変化を直接的に受けている場所が朝鮮半島付近だという。

台風が最も強い時の位置は、1996年まではフィリピンと南シナ海に集中していたが、97年以降は日本南部と中国東部、朝鮮半島に集中している。コーシン研究員は「韓国は台風の移動速度と経路という二つの変化の影響を受けている」とし、「この事実を都市計画と災害危険緩和政策に反映しなければならない」と警告したという。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「ここ4~5年、韓国に台風が上陸した記憶はない」「日本の間違いでは?」「朝鮮半島に向かう台風が途中で日本の方にそれるのを何度も見てきたのに?」「いつも日本の方に行くじゃん。でたらめな情報だ」「台風?。ああ、シンガポールからやってくる台風(米朝首脳会談)のこと?」など疑いの声が寄せられている。

そのため「台風被害よりメディア被害の方が深刻」「発生してもいない台風の被害を心配するより、質の悪いメディアを改善した方がいい」など、記事を報じたメディアへの批判的な声も多い。

一方で「事前に備えて被害を最小化させよう」「高層マンションが多いから心配」「警戒して損することはない」などの声も見られた。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携