悪臭を漂わせ生態系を壊す黒い水、長引く立ち退き問題で深まる汚染―福建省福州市

Record China    2012年5月10日(木) 19時16分

拡大

8日、中国・福建省福州市の川で、排水口から黒い水が排出され、川の汚染が問題となっている。川の整備関連機関の責任者は、年末までに整備を完成させたいと話している。

(1 / 4 枚)

2012年5月8日、中国・福建省福州市の川で、排水口から黒い水が排出され、川の汚染が問題となっている。東南ネットが伝えた。

その他の写真

黒い水が川を流れるさまは水墨画のような情景を思わせるが、辺りには悪臭が立ち込めていた。現地の漁師によると黒い水は毎日のように排出され、汚染された川の魚の量は激減したという。

川の整備関連機関の責任者によると、川の整備に関わる立ち退き状況が芳しくなく、整備に支障をきたしているが、今年上半期には立ち退き問題を解決し、年末までに整備を完成させたいと話している。(翻訳・編集/内山

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携