2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

大阪の焼肉店で「汚い食べ方」した中国人客、「食べ方」以上にひどかったのは…―米華字メディア

配信日時:2018年6月11日(月) 12時20分
大阪の焼肉店で「汚い食べ方」した中国人、それ以上にひどかったのは
画像ID  996554
9日、大阪の焼肉店で中国人観光客の女性が引き起こした騒動が物議を醸す中、米華字メディアの多維新聞は「食べ方よりもひどかったもの」を指摘している。資料写真。
2018年6月9日、大阪の焼肉店で中国人観光客の女性が引き起こした騒動が物議を醸す中、米華字メディアの多維新聞は「食べ方よりもひどかったもの」を指摘している。

騒動の発端となったのは、先日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)にアップされた動画だった。大阪の焼肉店で撮影されたもので、店員が「もう帰ってええから、もう帰ってください。そんなんいいですわ、あんな汚い食べ方してね、もうそんなんないですわ。もう無茶苦茶ですわ」と客を帰そうとしている様子が映っていた。

女性客は「店員にののしられた」と訴え、「90分の食べ放題で、私と姉への店員の態度が日本人客への態度と全然違った。会計の時に店長を呼んで『外国人への対応は違うのか』と問いただした。動画を撮っていたら店員が怒り出し、金はいらないから帰れと言われた」などと経緯を説明。中国の一部メディアでは「習慣の違いは仕方ない」など、女性客らが被害者のように扱われていた。

しかし、日本の番組で、「エビの殻などを床に落とす」「制限時間を超えても帰ろうとしない」「会計時にスマートフォンで撮影する」など、女性客の「問題行動」が次々と明らかになったことで、中国の世論も一斉に女性バッシングに傾いた。

記事は、こうした一連の流れを紹介した上で、「このことから分かるのは、当事者の女性は当初、自分たちが店を追い出される場面だけを公開し、実際の状況については公開しなかった可能性が高いということ」と指摘。その上で、「実際、どのような場で食事をするにしても、テーブルマナーは必要不可欠であり、さらに言えばそれは個人の教養の体現である。しかし、2人の女性客は“被害者”の立場を気取り、言ったもの勝ちとばかりに白黒を反転させた。これはある意味、『食べ方が汚い』ことよりもよっぽど醜いことだ」と非難している。

さらに、ハリー・ポッターシリーズのハーマイオニー役でお馴染みのエマ・ワトソンが以前、女性について「王子様と結婚しなくてもお姫様でいられる」と語っていたことを紹介。この意味は、「女性は自分の身だしなみと教養に気をつけて、どんな時も優雅な印象を人に与えることが大事」ということだと解説した。

そして最後に、「『ばかにされた』などという言い訳で、自らの素養の問題を隠してはいけない」と厳しく指摘している。(翻訳・編集/北田
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事