自殺未遂、警察官に救われた男性が告白「これも何かの縁。私、実は指名手配中の逃走犯です」―江蘇省

配信日時:2018年6月12日(火) 20時0分
警察官に命を救われた男性が告白「私、実は指名手配中の逃走犯です」
画像ID  996502
江蘇省連雲港市で6日、「死んでしまおう」と思い海に飛び込んだ男性が警察官らに救助された。警察署で落ち着きを取り戻した男性は「これも何かの縁なのでしょう。私は実は、指名手配中の逃走犯です」と言い始めた。
江蘇省連雲港市で6日、「死んでしまおう」と思い海に飛び込んだ男性が警察官に救助された。警察署で落ち着きを取り戻した男性は「これも何かの縁なのでしょう。私は実は、指名手配中の逃走犯です」と言い始めた。中国メディアの澎湃新聞が伝えた。

連雲港市警察に、海に落ちた人がいるとの通報が入ったのは6日午前10時ごろだった。警察官が現場に到着すると、男性が手をばたつかせながら海面を浮き沈みしていた。警察の船を手配したのでは手遅れになると考え、警察官は近くにいた漁業従事者に協力を要請。警察官が漁船に乗り込み、男性が浮いている海面に向かうことになった。

漁船が急行する途中も、警察官は大声で男性に呼びかけ続けた。意識を保つようにするためだ。漁船が現場に到着すると、男性が体力をほとんど使い果たしていることが分かった。警察官らは男性を船に引き上げることに成功した。

岸に上がった時、男性は顔色が蒼白で、意識ももうろうとしていた。しばらく休息させてから警察官が問いかけても、男性はまとまった答えをせず、自分の身分について話そうとしなかった。警察官は男性を署に同行させて詳しい事情を聞くことにした。

警察署ではまず、男性に食事をさせることにした。男性は無言で食べ続けた。食事が終わると男性は警察官らに向かい、改めて語りはじめた。「助けていただき、ありがとうございます。これも何かの縁なのでしょう。私は実は、指名手配中の逃走犯なのです」と言い始めたという。

男性は37歳で吉林省籍。詐欺の容疑者として、広東省深セン市警察が指名手配していたことが分かった。商売をしたがうまくいかなくなり、2016年以来、多くの人から金銭をだまし取ることを繰り返していたという。被害総額は1000万元(約1億7000万円)以上に達していた。警察の追跡を逃れるため、男は河北省や山東省など各地を転々とした。連雲港市にたどりつき、「もう、死んでしまおう」と思って海に飛び込んだという。連雲港市警察は男を勾留し深セン市警察への移送などの手続きを進めることにした。(翻訳・編集/如月隼人
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/06/12 20:43)

    >私は実は、指名手配中の逃走犯なのです 〈美談くずれ〉でコントにしかならない。『自殺を助けた男』が指名手配犯で『自殺未遂者』が警官なら美談になったものを。『逮捕されてもいいから命を助けた』ならドラマにもなるだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事