<卓球>張本智和が馬龍から大金星!中国ネット「驚いた…」「張本は天才的」

配信日時:2018年6月10日(日) 19時20分
<卓球>張本智和が馬龍から大金星!中国ネット驚き「彼は天才的」
画像ID  996471
9日、環球時報は、卓球の張本智和が中国の馬龍に勝利したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2018年6月9日、環球時報は、卓球張本智和が中国の馬龍(マー・ロン)に勝利したと伝えた。

卓球のジャパン・オープン荻村杯は9日、北九州市立総合体育館で男子シングルス準々決勝などが行われた。記事は、「馬は準々決勝で張本と対戦した。最初の3ゲームを落とした後、続く2ゲームをとったものの、第6ゲームも落として2-4で張本に敗れ、準決勝に進めなかった」と伝えた。

この結果に対し、中国のネットユーザーから「馬龍が負けただって?ちょっと驚いたが、でも大丈夫。やっぱり彼はすごい選手」「試合なのだからどんな可能性もある。馬龍には次回頑張ってもらいたい」「スポーツでは勝つこともあれば負けることもある。張本は確かに大きく進歩した。問題点を見つけたら解決すればいい。私は馬龍を信じている」などのコメントが寄せられた。

また「スポーツ選手を不敗神話に仕立てるべきではない。張本も天才的選手だと思う」「スポーツ競技は永遠に勝ち続けるというのは不可能だ。年齢や他の地区の技術的成長などの要素も考慮に入れないと」という意見もあった。

他にも「馬龍の実力はみんな目にしてきたとおりだ。1試合を落としただけでこんなにも優秀な選手を否定する必要はない」「馬龍にはゆっくり休んでもらいたい。みんなも馬龍に対して厳しくしないでもらいたい。彼だって大変なんだ。こんな小さな大会だ。負けは負けで調整して次の試合に臨めばいいだけだ」など、馬龍を擁護する意見が大半を占めた。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2018/06/21 15:22)

    日本が好きで日本人になってくれる人は大歓迎だ。欧米の自業自得ともいうべき民族大移動的移民の流入(彼らは経済移民であり、移民先の国に何のエンパシーも感じていない)とは区別すべきだ。まして張本選手は日本生まれである。日本人は、神話を見れば分かるように、先祖を辿ればすべて大陸からの移民の子孫である。リベラルは日本人を排他的といって非難してやまないが、確かに移民1世に対しては打ち解けないが、言葉や習慣が日本人と変わりがなくなる2世、3世になれば日本ほど差別がない国はないと思う。リベラルが日本人は外国人に排他的と言って非難するとき、問題になっているのはほとんどが在日である。私は、これは日本側の問題ではなく、在日の母国である韓国・北朝鮮の対日敵対行動、そして在日自身の身の振り方にこそ問題があると思う。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hig***** | (2018/06/11 08:34)

    両親とも中国人で、簡単に日本国籍をとり、 その子は日本代表となってしまう日本のお役所の アホさ加減にはあきれる。こどもを日本代表にする ため、名前まで日本風に変えたらしいが、こんなのが 年に30万もいるとなっては、日本の将来が不安だ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事