【募集中】韓国語社内スタッフ

<中国旅游>銘茶の里を巡る

配信日時:2012年5月9日(水) 20時52分
<中国旅游>銘茶の里を巡る
画像ID  327531
3日、神農の時代から飲まれてきたという伝説が残される中国茶。今回は、日本でもおなじみのお茶の産地をご紹介したい。
2012年5月3日、神農の時代から飲まれてきたという伝説が残される中国茶。「三国志」の中では、当時高級品であったお茶を母に飲ませるために、劉備が苦労してお金を貯めたというエピソードもある。つまり、昔の中国では、お茶は薬としての役割が強かったことが分かる。中国ではお茶の産地を大まかに江南・江北・西南・華南の4つに分けている。今回は、日本でもおなじみのお茶の産地をご紹介したい。
 
■烏龍茶(ウーロンちゃ)の武夷山
中国茶と言えば、まず烏龍茶を思い浮かべる方が多いだろう。烏龍茶に含まれるポリフェノールが脂肪の吸収を抑えるとされ、日本で最も飲まれている中国茶の一つである。

中国・福建省の北部にある武夷山は、烏龍茶の代表的な銘茶として名高い「武夷岩茶(ぶいがんちゃ)」の産地だ。武夷山は黄崗山を中心とする山系の総称で、36の岩山の間を全長60キロの九曲渓が山間を縫うように走っている。1999年にユネスコの世界遺産(複合遺産)として登録され、山水の名勝として、また銘茶の産地として名高く、黄山や桂林と並び、中国人にとっていつか旅してみたい憧れの場所の一つである。九曲渓では竹のいかだに乗って、約9キロほどの川下りを楽しむことができる。

また、武夷山にはたった4本の貴重な野生の茶樹が自生しており、中国政府が管理している。ここから取れる大紅袍(ダーホンパオ)と呼ばれる銘茶は、一般ではほぼ入手できない幻のお茶とされている。大紅袍を口にはできなくとも、その貴重な茶樹は一見の価値がある。

■龍井茶(ロンジンちゃ)の西湖
日本では緑茶が一般的に最も多く飲まれているが、実は中国でも同様。製法は異なるが、中国で最もポピュラーなのは緑茶である。世界文化遺産にも登録されている杭州(浙江省)の西湖から車で約20分。ここに中国を代表する緑茶・西湖龍井(シーフーロンジン)の産地である龍井村がある。色は翡翠、香りは優雅、味は芳醇、茶葉の形が美しいことから古くから“四絶”と称され、多くの文人に愛されてきた。すがすがしい香り、コクがあってさっぱりとした味は人気が高い。

西湖龍井は畑や生産時期などの品質の違いで細かくランク分けされている。龍井村で採れたお茶は最高品質とされており、清明節(旧暦4月5日)前に採取した茶葉で作ったは「明前茶」と呼ばれ最高級品として愛されている。龍井村では至る所に茶館があり、そこではお茶を楽しみながら食事をとることができる。杭州への旅行の際に訪ねてみるのも一興だ。また、龍井茶の産地のひとつ・梅家塢(ばいかう)を訪れ、茶摘み体験を行うこともお勧めである。

※本記事は楽旅中国(らくたびチャイナ)の特別提供。楽旅中国は、中国青年旅行社(CYTS)傘下で展開する中国旅行専門の日本語オンラインサービスです。

その他の写真
最新ニュースはこちら

SNS話題記事