2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

なかなか輸出できない日本のP1哨戒機、中国メディアは「日本はもっと努力が必要」

配信日時:2018年6月12日(火) 0時50分
なかなか輸出できない日本のP1哨戒機、「日本はもっと努力が必要」
画像ID  996416
9日、新浪軍事は、日本のP1哨戒機が輸出に成功していないと指摘する記事を掲載した。資料写真。
2018年6月9日、新浪軍事は、日本のP1哨戒機が輸出に成功していないと指摘する記事を掲載した。

記事は、「日本は経済大国として、科学研究分野のレベルは相当高く、軍事技術も決して低くはない。しかし、国際的な軍事市場において日本はほとんど地位がなく、武器輸出大国を目指して輸出制限の規制を緩和したものの、特に売れるようなものはなく、P1哨戒機なら競争力があることに気が付いた」と紹介した。

その上で、P1哨戒機について「12年の歳月と3500億円の研究開発費をかけてできた大型の固定翼哨戒機で、最大離陸重量は80トンクラス、時速833キロメートルで、航続距離は8000キロメートル、航続時間は10時間に及ぶ」と紹介。フェーズドアレイレーダーや赤外線探査装置(FLIR)ターレットなどを装備しており、高性能な哨戒機であることを伝えた。

また、「米国の哨戒機P8と比べやや小さいものの、速度、航続距離、最大高度などの性能は優れていて、哨戒能力も高く、日本はこの哨戒機に大変満足していて、70機導入する予定だ」と紹介した。

一方で記事は、P1哨戒機は就役後の状態があまり良くないと指摘。4発のエンジンすべてが停止してしまうトラブルがあったことや、2017年には、パリで開かれた国際航空ショーに参加するため日本を出発したP1哨戒機2機のうち1機が、機体トラブルのためショーに参加できなかったことを紹介した。さらに「いまだに中国やロシアの潜水艦を追跡できたという記録はない」とも伝えた。

その上で記事は、「日本はP1哨戒機を通して国際的な軍事市場に参入したいと考えおり、価格が安いことなど優位な点もある。しかし、国際航空ショーに何度か参加しているものの、まだ結果を出せていない」と指摘。「中国と軍事面で競い合いたいという日本の心理は理解できる。しかし、長期にわたって国際軍事市場から離れていたため、日本は多くの困難に直面している。これは良い製品が1つできればそれでよいという簡単な話ではない。日本はもっと努力が求められるだろう」と結んだ。(翻訳・編集/山中)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • law***** | (2018/06/12 14:53)

    天下を治める為には、先ず、自分の行いを正しくし、そして家庭を整え、次いで天下を治めると言うのが原則である。例えば、ハードウェアを重視するが余りソフトウェアがとかく軽視されがちとなるが、結果としてマッチしない地帯が生まれ、また、何処かに手着かずの箇所が現れ、そしてこれらが管理上の盲点となる。 これ等の意味に於いて民主主義の国家ではそれらの盲点を無くしつつ真空を満たしてきているが、そこで台湾でも永久平和憲章で模範を示しつつ、そして今後の中国の民主化を台湾が導いていきたい。また、台湾が中国を民主化に導く事により世界50ヶ国で迫害されているそれらの人々の開放を速やかに採られる事を望みたい。本来、真の民主国家とは何の武力も持たずに核戦争が排除出来るものを指す。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事