慰安婦映画に出演した韓国人女優の苦悩=韓国ネット「真剣に向き合うべき」「日本の態度が問題」

配信日時:2018年6月8日(金) 21時10分
慰安婦映画に出演した韓国人女優の苦悩=ネット「日本の態度が問題」
画像ID  996297
7日、韓国・MKスポーツによると、慰安婦問題を扱った韓国の映画「Her story」に出演した女優キム・ヘスクが、元慰安婦役を演じた感想を語った。写真はソウルの慰安婦像。
2018年6月7日、韓国・MKスポーツによると、慰安婦問題を扱った韓国の映画「Her story」に出演した女優キム・ヘスクが、元慰安婦役を演じた感想を語った。

ソウル市内の映画館で同日、「Her story」の試写会が開催された。試写会にはミン・ギュドン監督をはじめ女優のキム・ヒエ、キム・ヘスク、イェ・スジョン、ムンスク、イ・ヨンニョ、俳優のキム・ジュンハンが参加した。元慰安婦役を演じたキム・ヘスクは「慰安婦被害者の方々が感じた痛みの深さに近づくことができなかった。その恐怖が苦しかった」と感想を述べた。また、「どう演じるかと悩むこと自体が傲慢だと思い、自分を空っぽにして役だけに集中した」と明らかにし、「私たちにとってはまだ終わっていないとのメッセージが伝わってほしい」と呼び掛けた。

同作は、1990年代、韓国の元慰安婦らが日本政府を相手取り起こした訴訟で、一部勝訴判決を引き出すまで闘い続けた姿を実話を基に描いたもの。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「意味の深い映画。素晴らしい演技を期待」「必ず観に行き、過去と向き合いたい」など映画に対する期待の声が寄せられている。

また、慰安婦問題について「絶対に忘れてはならないつらい歴史だ」「これまで韓国は真剣に向き合ってこなかった。今後はそれではいけない」などと主張する声も。

その他、日本に向けて「日本がドイツのように過去を反省してくれたら、ここまでしなくて済むのに。日本の態度が問題だ」「安倍首相が被害者に直接謝罪するべき」と訴える声も見られた。

一方で「自国の歴史を映画で学ぶ国」「感情で勝負しようということ?それでは解決しないよ」など、映画に否定的な意見もあった。(翻訳・編集/堂本
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ひだま***** | (2018/06/15 21:03)

    慰安婦被害者の方々が感じた痛みの深さに近づくことができなかった。その恐怖が苦しかった・・・・???? 苦痛や恐怖を実体験していない(演技だ)からですよ! 恐怖(恐怖心)とは 想像力(イマジネーション)がドンドン生み出しているもの(イメージ/想像/虚像/作像)であるから ドンドン深みにハマって鬱病(精神病/精神疾患/精神病患者/自作自演の葛藤劇/一人相撲)に自分自身で演じて陥っただけのこと。      在りもしないこと(虚構・虚言)を 尤もらしくリアルに演じ様としていたからですよ!      (爆)
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 774***** | (2018/06/09 13:38)

    勝訴なんかしてないよ。高裁、最高裁で敗訴。地裁決定で一部勝訴なんて言わない。 いかれた地裁の裁判長は一人ぐらいはいる。「慰安婦にさせられてた時よりも、戦後の方が被害が大きい。」「犯人を処罰しないことが犯罪行為」なんだとさ。救済する法律を作らなかった国会・国会議員も不作為の違法行為というありさま。三権分立を否定し司法が行政府と立法府に命令して直接指図するという驚愕判決。高裁も最高裁も呆れた。 ちなみに最初の訴えは稼いだ郵便貯金の金を返せというもの。つまり売旬で稼いだ事を自分で認めていた。途中で性奴隷にされた事への謝罪と賠償に変更。弁護士は福島瑞穂。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/06/09 08:13)

    >慰安婦被害者の方々が感じた痛みの深さに近づくことができなかった。その恐怖が苦しかった 〈慰安婦問題〉については、もう言い尽しているから今さら繰り返すまでもない。ただ出演者の発言『痛みの深さ』には疑問を感じる。白血病で死ぬヒロインを演じたら、病気の痛みを体感する必要はない。殺人犯を演じても、犯人の苦悩と快感まで知る必要はない。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事