中国人が激怒した日本の作品、なぜか「新垣結衣」で論争に

配信日時:2018年6月9日(土) 13時40分
中国人が激怒した日本の作品、なぜか「新垣結衣」で論争に
画像ID  996295
8日、「中国人が見たら怒り心頭」と紹介された日本の作品について、中国のネットユーザーの間で思わぬ論争が起きている。資料写真。
2018年6月8日、「中国人が見たら怒り心頭」と紹介された日本の作品について、中国のネットユーザーの間で思わぬ論争が起きている。

中国共産党系の環球時報はこのほど、日本のライトノベル「二度目の人生を異世界で」を「中国人が見たら怒り心頭」などと批判し、それと対比させる形できゅっきゅぽん氏の漫画「星間ブリッジ」を紹介した。

「二度目の人生を異世界で」は15歳の時に中国に渡ってマフィアの一員として殺人に携わり、その5年後に「世界大戦」に従軍して3712人を斬り殺したという剣客が94歳で亡くなった後に異世界で二度目の人生を送るという内容で、中国メディアなどから批判が集まっていた。環球時報は、同作が物議を醸す中で、台湾や中国内の一部のネットユーザーから作者を支持するようなコメントが書き込まれたことを取り上げ、「日雑(日本雑種)」など厳しい言葉を使って非難した。

一方、「星間ブリッジ」は、1936年の上海で日本人の少女と中国人の少年が出会い、戦争に翻弄される中で生まれる絆を描く物語。環球時報は「一見、日本人少女の恋愛物語だが、作品には深い歴史的背景と政治を超えた思いが込められている」「作者は少女の素朴で純粋な視点を通して強烈な反戦感情と戦争への反省を表現している。それ以上にあふれるのは、日本が中国を傷付けたことへの悲しみと恥じ入る気持ち、そして平和への思いだ」と評価。「中国ネットユーザーに認められ、感動させている」と伝えている。

これに対し、中国のネットユーザーからは「二度目の人生を異世界で」で作者を支持するようなコメントを残した中台ユーザーへの批判や、「星間ブリッジ。ぜひ中国で出版を」「星間ブリッジは映画化してほしい!」と同作への称賛が寄せられるなど、記事同様の反応を示している。

一方で、「実は日本文化は好き。日本の漫画を読むのが好きだし、俺の嫁ガッキー(新垣結衣)も好きだ。少数の極端の人がいなければいいのに。みんな仲良くするのがいい」というコメントもあり、少なからず“いいね”が寄せられているが、このコメントには「(新垣結衣が)お前の嫁だって?」「あんた、ガッキーの何なの?」「俺の嫁を横取りする気か?」「刀を抜け。決闘だ」といった返信も寄せられており、思わぬ論争に発展している。(翻訳・編集/北田
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/06/10 13:21)

    ああ、平和でいいな、と思いましたw まあ、日本人から言うような筋合いではないのは重々承知してるけど、そろそろね。忘れろとは言わない。歴史は歴史として両国民が記憶しておくべきものだけど、蟠りは薄めてもいいんじゃないかって思うんだよね。 親兄弟を殺された世代は恨んでいいと思う。でも、その恨みを子々孫々に伝えても意味はないんじゃないだろうか。ましてや、それを「国辱」として、直接被害を受けた訳じゃない人までが騒ぐのは、どこに利益のある話だろう。 まあ、逆に日本では戦時中の「現実」を見てきた世代が少なくなりつつある。戦時の記録は書籍にもなって残ってはいるんだが、一部の旧日本軍の亡霊みたいな連中が、大声でそれを否定して回ってもいる。そして現在日本の中枢に居座ってる連中に、そういう「声のでかい」輩が多い。 本当に忘れた方がいいのは、そういう連中が抱いてる「過去の栄光」かも知れないが。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ホモ***** | (2018/06/10 11:55)

    いいゾ〜これ もっと争え、もっと私を楽しませてくれ醜き下等生物達よ
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 774***** | (2018/06/10 00:21)

    7月7日は盧溝橋事件発生の日、各地で蒋介石中国軍と日本軍の衝突が起きていた。通州には日本が支援する自治政府が誕生しその軍隊として中国人による通州守備隊が組織された。軍事訓練は日本軍が行い、強力な武器を保有していた。この守備隊が「中国軍が日本軍を破り、通州にも進撃する」という嘘にラジオ放送に煽られて、日本軍主力が留守だった通州城内を襲撃。守備隊は中国軍敗残兵を含み三千人。日本軍100名を殺害して城内を掌握すると三百人の日本居留民を襲い、女も子供も見るも無残な残虐な方法で殺していった。 その5ヶ月後に南京で、中国兵捕虜を殺害する事件が仮にあっても、この事件の報復と考えれば、やむを得ないとも言える。それほどこの中国兵の裏切りと残虐行為に日本中が怒っていた。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事