空港の特別管制区でたこ揚げ、6便が着陸できず―遼寧省大連市

配信日時:2012年5月5日(土) 17時9分
空港の特別管制区でたこ揚げ、6便が着陸できず―遼寧省大連市
画像ID  327106
4日、遼寧省大連市の空港でたこ揚げをしている人がいたため、旅客機6便が着陸できず、他空港での着陸や出発地への引き返しを余儀なくされた。写真は大連空港。
2012年5月4日、遼寧省大連市の空港でたこ揚げをしている人がいたため、中国南方航空の旅客機6便が着陸できず、他空港での着陸や出発地への引き返しを余儀なくされ、旅客約800人に影響が出た。新華社が伝えた。

その他の写真

中国南方航空によると、4日午後4時20分(日本時間同5時20分)ごろ、長春発大連行きの旅客機が規定時間に大連空港に着陸しようとしたところ、上空600メートルの地点で滑走路上空にたこが揚がっているのを発見した。上空で1時間ほど旋回し待機したが、着陸できる状態にならなかったため、青島空港へ向かった。同日午後7時10分(日本時間同8時10分)までに、同機とその後の5便が着陸できず、他の空港での着陸に変更した。

これを受け、中国南方航空は空港周辺や特別管制区域ではたこ揚げをしないよう市民に注意を促した。(翻訳・編集/TH)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事