【動画】「あんな汚い食べ方して」=大阪の焼肉店で中国人が“ののしられた”騒動の真相発覚、中国ネットの風向き変わる

配信日時:2018年6月8日(金) 11時50分
7日、大阪の焼肉店で食事をした中国人女性が「店員からののしられた」と訴えていた問題の真相が明らかとなり、中国のネットユーザーの反応に変化が見られた。
2018年6月7日、大阪の焼肉店で食事をした中国人女性が「店員からののしられた」と訴えていた問題の真相が明らかとなり、中国のネットユーザーの反応に変化が見られた。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で先日、ある動画が掲載され物議を醸した。動画は大阪の焼肉店で撮影されたもので、店員が「もう帰ってええから、もう帰ってください。そんなんいいですわ、あんな汚い食べ方してね、もうそんなんないですわ。もう無茶苦茶ですわ」とあきれたような口調で客を帰そうとしている様子が映っている。

動画を掲載したユーザーは女性客本人とのやり取りも紹介しており、女性らは「90分の食べ放題で、私と姉への店員の態度が日本人客への態度と全然違った。会計の時に店長を呼んで『外国人への対応は違うのか』と問いただした。動画を撮っていたら店側が怒り出し、お金はいらないから帰ってくれと言われた。こっちも腹が立っていたので、お金を置いて店を出ると、店長がお金を持って追いかけてきた」などと経緯を説明したという。

この問題について、中国では女性客らの食べ方やマナーに問題があったのではないかと疑う声が多くを占めたものの、一部では店側の対応を批判したり、「問題はどういう食べ方をしたかだ」と静観したりするコメントも散見された。

しかし、このほどフジテレビの番組「とくダネ!」が同店を取材したことで、流れが一気に傾いた。番組によると、女性客らは注文したエビの殻などを床に落とした上、制限時間を超えても帰ろうとしなかったという。その後、ようやく席を立ったものの、会計時にスマートフォンで撮影を始めたために店員が制止。押し問答が30分ほど続いた末に動画の状況に至ったという。

この内容が中国でも伝えられると、中国のネットユーザーの声は女性客への批判一色に。「海外にまで恥をさらした!」「殻を地面に?これは確かにマナーが悪い」「これが本当なら店側を支持する」「実際、外国でマナーの悪い中国人はいる。批判されるのも仕方ない」「(中国人客の)自業自得。恥知らずな」「この民度、本当に恥ずかしい」「こんなにルールを守らないんじゃ、たとえ中国人の店でも何か言われるよ」など、辛らつなコメントが並んだ。

なお、中国の大衆食堂ではかつて、食べ物の殻や魚の骨などを床に捨てることは割と一般的に行われていたが、マナー意識の改善や衛生環境の向上などで、現在ではそうした店は少なくなっているようだ。(翻訳・編集/北田
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事