「もうおねがいゆるして」=亡くなった結愛ちゃんが残したメモ、中国ネットも反応示す

配信日時:2018年6月8日(金) 11時20分
「もうおねがいゆるして」=5歳女児のメモ、中国ネットも反応
画像ID  996132
8日、親から虐待を受け、その後亡くなった船戸結愛ちゃんがノートに「もうおねがいゆるして」と書き記していたとのニュースに、中国のネットユーザーが怒りや悲しみのコメントを寄せている。資料写真。
2018年6月8日、親から虐待を受け、その後亡くなった船戸結愛ちゃん(5)がノートに「もうおねがいゆるして」と書き記していたとのニュースに、中国のネットユーザーが怒りや悲しみのコメントを寄せている。

環球時報は7日、日本の報道を引用する形でこのニュースを報じた。敗血症で3月に亡くなった結愛ちゃんの体重は同年齢の子どもの平均より約7キロ少ない12キロで、体にはあざがあった。警視庁は、結愛ちゃんの両親が十分な食べ物を与えず、暴行などを受けた結愛ちゃんが衰弱した後も病院に連れて行かなかったと見ている。両親は保護責任者遺棄致死の疑いで6日逮捕された。

記事は、結愛ちゃんが書いた文章の「もうおねがいゆるして。ほんとうにもうおなじことはしません。ゆるして。きのうぜんぜんできてなかったこと、これまでまいにちやってきたことをなおす。これまでどんだけあほみたいにあそんだか。もうぜったいぜったいやらないからね。ぜったいやくそくします」という部分を掲載し、「幼い文字で書かれたこの文章は全ての人の心を刺した」と事件の悲惨さを指摘した。

記事に対して中国のネットユーザーからは「自分の子を虐待するなんて理解不能」「結愛ちゃんは全然悪くない。だから謝る必要なんてないんだよ」「子どもの虐待なんてなくなりますように。愛されることで他人を愛することを学んでほしい」「次はきっと優しいお父さん、お母さんに巡り合えるよ」「体罰やネグレクトが正しいと思っている親には現代人としての知識を持ってほしい。こうした親の行為は子どもの体以上に、その心を傷付けている」などの声が続々と寄せられている。(翻訳・編集/野谷
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 911***** | (2018/06/10 22:35)

    仕事をしない公務員 児童相談所 検察 給与を貰う事を仕事と心得ている
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/06/09 11:31)

    これは本当に痛ましい事件だった。 ただ、これと類似する事件は現実に多く、その殆どはシングルマザーが再婚或いは新しい恋人と同棲を始めた後に「母親の連れ子」が「新しい父親」に虐待されるというものだ。 ライオンが自分以外の子供を噛み殺す様に、男にはそういう遺伝子でも備わってるのか。 結局の所、実の父親と実の母親がずっと夫婦・両親として暮らしていくのが一番いいという事だ。 できちゃった結婚はうまくいけばいいがリスクが高い。ましてやシングルマザーを貫き通すならいいが、連れ子を伴っての再婚は更にリスクが高い。 批判を承知で言えば、男は基本的にタネだけ蒔いて後は無責任に生きて行きたい生き物だ。自分の子なら父親の自覚も芽生えるが、他人の男の子供であればなかなかそうはいかない。 世の女性には「男を見る目」は、いつの時代も重要だと心得て欲しい。 尤も家庭を持って落ち着きたい男からしても「女を見る目」は重要だが
    このコメントは非表示に設定されています。
  • MR***** | (2018/06/08 13:16)

    少子高齢化進んでいる中、守るべき命を守れなかった! 親はクズ過ぎて言及に値しない。 行政がもっとできていれば防ぐことできたのに。 早朝4時に一人起きてひらがなで一生懸命書く小さな姿、想像するだけで悲しくてたまらない。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<