Record China

ヘッドライン:

「もうおねがいゆるして」=亡くなった結愛ちゃんが残したメモ、中国ネットも反応示す

配信日時:2018年6月8日(金) 11時20分
拡大
8日、親から虐待を受け、その後亡くなった船戸結愛ちゃんがノートに「もうおねがいゆるして」と書き記していたとのニュースに、中国のネットユーザーが怒りや悲しみのコメントを寄せている。資料写真。

2018年6月8日、親から虐待を受け、その後亡くなった船戸結愛ちゃん(5)がノートに「もうおねがいゆるして」と書き記していたとのニュースに、中国のネットユーザーが怒りや悲しみのコメントを寄せている。

環球時報は7日、日本の報道を引用する形でこのニュースを報じた。敗血症で3月に亡くなった結愛ちゃんの体重は同年齢の子どもの平均より約7キロ少ない12キロで、体にはあざがあった。警視庁は、結愛ちゃんの両親が十分な食べ物を与えず、暴行などを受けた結愛ちゃんが衰弱した後も病院に連れて行かなかったと見ている。両親は保護責任者遺棄致死の疑いで6日逮捕された。

記事は、結愛ちゃんが書いた文章の「もうおねがいゆるして。ほんとうにもうおなじことはしません。ゆるして。きのうぜんぜんできてなかったこと、これまでまいにちやってきたことをなおす。これまでどんだけあほみたいにあそんだか。もうぜったいぜったいやらないからね。ぜったいやくそくします」という部分を掲載し、「幼い文字で書かれたこの文章は全ての人の心を刺した」と事件の悲惨さを指摘した。

記事に対して中国のネットユーザーからは「自分の子を虐待するなんて理解不能」「結愛ちゃんは全然悪くない。だから謝る必要なんてないんだよ」「子どもの虐待なんてなくなりますように。愛されることで他人を愛することを学んでほしい」「次はきっと優しいお父さん、お母さんに巡り合えるよ」「体罰やネグレクトが正しいと思っている親には現代人としての知識を持ってほしい。こうした親の行為は子どもの体以上に、その心を傷付けている」などの声が続々と寄せられている。(翻訳・編集/野谷

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国の事件の背景に見る社会の変化―米メディア

15日、米華字ニュースサイト多維新聞によると、中国では経済発展による中産階級の拡大を受け、殺人などの凶悪事件が起きる背景にも変化が生じている。写真は07年に起きた「史上最強の立ち退き拒否事件」。陸の孤島状態になった。

Record China
2017年11月18日 16時10分
続きを読む

韓国の教師、遠足バスで腹痛の児童にビニール袋を渡し「車内でしなさい」=韓国ネット「一生のトラウマ」「教師の資格を剥奪すべき」

13日、大邱(テグ)のある小学校教師が、バスで校外学習に向かう途中に腹痛を訴えた児童に対してビニール袋で用を足すように指示し、その後、高速道路のパーキングエリアに置き去りにしていたことが明らかになった。資料写真。

Record China
2017年6月14日 14時10分
続きを読む

ランキング