Record China

ヘッドライン:

<レコチャ広場>尖閣諸島に自由を!それは専制国家ではなく民主国家が所有すべきだ―中国

配信日時:2012年5月4日(金) 23時53分
拡大
2日、東京都の石原慎太郎都知事が尖閣諸島の購入を宣言したことを受け、中国河南省の大学で教える王思想氏が「尖閣諸島に自由を」と題した記事を中国のブログサイトに掲載した。写真は4月26日、中国山東省沖の黄海で行われた中ロ海軍の合同軍事演習。
(1/8枚)

2012年5月2日、東京都の石原慎太郎都知事が尖閣諸島の購入を宣言したことを受け、中国河南省の大学で教える王思想(ワン・スーシアン)氏が「尖閣諸島に自由を」と題した記事を中国のブログサイト・鳳凰博報に掲載した。以下はその内容。

その他の写真

東京都が個人の所有者から釣魚島(日本名は尖閣諸島)を買い取ることを宣言した後、Yahoo!JAPANで「あなたは東京都が尖閣諸島を買い取ることに賛成?反対?」と尋ねる意識調査が行われた。北京時間の4月17日午後11時現在、総投票数は14万票、うち賛成は92%に達している。

さて、どちらに投票するか。この問題は複雑すぎる。いくつかの側面に分けて考える必要がありそうだ。まずはその前に、そもそも私には投票権があるのだろうか?いわゆる「国家利益」という壮大なテーマが絡んでいる。私ごときが投票させていただいてもよろしいのだろうか?

それに、彼ら“義和団”に聞きたい。あなた方は本当に、釣魚島(尖閣諸島)は中国のものだと思っているのだろうか?何か確固たる証拠があるのなら、それを尊重しよう。だが、何も分からずにただ騒いでいるだけなら、はっきり言ってろくでなしだ。

日本政府が「尖閣諸島は個人の所有物」だと認めていることに対し、私は心から敬服する。中国政府も同じように「釣魚島は普通公民(断じて「官二代」や「紅二代」=政府高官の子弟や幼い頃から共産主義教育を受けてきた50〜70年代初めに生まれた人たちではない)の持ち物だ」と認めれば、私は断固たる支持を表明する。

釣魚島(尖閣諸島)は私の生活とどんな関係がある?中国政府のものになったら不動産価格が下がるのなら、大賛成だ。だが、天然ガス資源の採掘を中石油や中石化がするのなら、断固反対する。これ以上、彼らに搾取されてはかなわない。それならまだ、日本やフィリピンの会社に採掘してもらって、中国に輸入される方がよい。

そうだ、いっそのこと投票権があるふりをすればよいのだ。では、どちらに投票する?答えは明白。私は「民主的で自由な国」に投票しよう。肝心なのは日本であるか、中国であるかではない。もし、専制国家がそれを手に入れようとしているなら、反対票を投じる。私はできるだけ、自由な国に多くの土地を所有してもらいたい。ただ、それだけだ。(翻訳・編集/NN)

関連記事

<尖閣問題>石原都知事支持の論調に中国から怒りの声、「両国の教育に間違い」の意見も―中国版ツイッター

17日、石原慎太郎東京都知事が尖閣諸島購入の構想を明らかにした。その後、都庁には4日間でおよそ3500件の意見が寄せられ、うち約9割が石原都知事の考えを支持するものだったことが、24日にわかった。写真は東京都庁。

Record China
2012年4月26日 17時8分
続きを読む

ランキング