Record China

ヘッドライン:

ただのパクリではない!?それなりに創意工夫したデザインのサンダル、続々登場―中国

配信日時:2012年5月4日(金) 23時19分
拡大
4月29日、中国・山東省濱州市の市場では、早くも夏シーズンに向けてさまざまなサンダルが店頭に並びはじめている。有名ブランドのロゴや人気アニメのキャラクターを拝借した“パクリ”デザインの商品には、“創意工夫”すら感じるほどだ。
(1/9枚)

2012年4月29日、中国・山東省濱州市の市場では、早くも夏シーズンに向けてさまざまなサンダルが店頭に並びはじめている。チャイナフォトプレスの報道。

その他の写真

有名ブランドのロゴや人気アニメのキャラクターを拝借した“パクリ”デザインの商品が多く登場するのは、もう驚くべきことでもない。NIKE(ナイキ)のサンダルは「N」の字やロゴマークが左右反転しているし、PUMA(プーマ)のシンボルであるクーガーは微妙にネコっぽい。iPhone向けのアクションパズルゲーム「アングリー・バーズ」のキャラクターまでお目見えしている。

中でも、スマートフォンのiPhoneや、そのメーカーであるApple社をモチーフとしたサンダルには、“創意工夫”すら感じるほどだ。ロゴ―マークであるりんごはぱっくりと2つに割れ、「iPhone」や筆記体の「Apple」といった文字を挟みこんでいる。(翻訳・編集/愛玉)

関連記事

<中国ビジネス「時流自在」>パクリ問題(1)■未然の防止対策がキーポイント

中国市場では、新商品がヒットし、ひとたび売れ始めれば、半年もしない間に、ありとあらゆる方法で「パクリ」現象が始まると考えてよい。コピー商法はもっとも手っ取り早く、簡単に儲かる方法だ。写真は北京で売られていたiPhoneそっくりの中国製携帯「魅族M8」。

Record China
2012年4月12日 8時1分
続きを読む

中国人がパクリ商品を買わなくなった!若い女性の95%「恥ずかしくて持てない」―米紙

14日、米紙は「中国の消費者はパクリ商品を喜んで買わなくなった」を掲載した。中国には“山寨”と呼ばれるパクリ商品が無数に存在しているが、最近は消費者の意識に変化が生じている。写真は09年、偽物市場として有名な北京の秀水街。

Record China
2012年2月15日 12時19分
続きを読む

ランキング