Record China

ヘッドライン:

米朝首脳会談前に安倍首相が訪米、北朝鮮メディア「日本は朝鮮半島問題に関わる資格失っている」

配信日時:2018年6月7日(木) 10時20分
拡大
7日、中国メディアの環球網は、12日の米朝首脳会談を前に安倍晋三首相が米国を訪問することに関連し、北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」が「日本はすでに朝鮮半島問題に関わる資格を失っている」と報じたことを紹介した。写真は北朝鮮。

2018年6月7日、中国メディアの環球網は、12日の米朝首脳会談を前に安倍晋三首相が米国を訪問することに関連し、北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」が「日本はすでに朝鮮半島問題に関わる資格を失っている」と報じたことを紹介した。

記事はまず、日本のTBSテレビや米AP通信、仏RFIの報道を引用し、安倍首相は7日(日本時間8日)にトランプ大統領とホワイトハウスで会談し、12日に予定される史上初の米朝首脳会談を前に、北朝鮮の非核化に向けた連携を確認するほか、日本人拉致問題に関し、米朝首脳会談で金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が「解決済み」と主張してきても、決して受け入れないよう要請すると伝えた。

その上で記事は、北朝鮮の労働新聞が「日本はすでに朝鮮半島問題に関わる資格を失っている」と報じたことを伝えた。

労働新聞は「朝鮮半島周辺の構図から排除された日本の最近の一連の動きは、存在感を誇示し、自身の価値を高めるためのものだ」「日本が冷遇を避けることができる唯一の選択肢は、自身の境遇を見極め、慎重に行動することだ」などと論じているという。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

米朝首脳会談はシンガポール時間12日午前9時から、なぜこの時間なのか―中国メディア

6日、米朝首脳会談がシンガポール時間の午前9時から始まることについて、韓国紙・朝鮮日報は「米国内の政治的効果を最大化しようというドナルド・トランプ大統領の意向が強く反映されているとの見方が外交関係者の間で出ている」と伝えた。資料写真。

Record China
2018年6月7日 7時10分
続きを読む

<コラム>米朝首脳会談まであと1週間、トランプ氏はノーベル賞の価値あり

歴史的な米朝首脳会談を1週間あまり先にひかえたこのごろ、韓国は毎日そのニュースで持ちきりだ。全てのテレビ局が、各時間帯にこれをやらない日はない。それも当然のこと。これくらい重要なことはないからだ。写真は米朝首脳会談の開催地シンガポール。

木口 政樹
2018年6月5日 13時50分
続きを読む

<米朝首脳会談>在韓米軍、縮小・撤退へ=米が半島関与から離脱?経済支援も日中韓に委ねる―東アジアで進む歴史的地殻変動

史上初の米朝首脳会談の6月12日開催が決まった。中長期的には在韓米軍の縮小・撤退の可能性が浮上、東アジアの安全保障に甚大な影響を与える。トランプ大統領は対朝経済的支援を日中韓3カ国に委ねる方針も示しており、朝鮮半島問題からの関与離脱につながる。資料写真。

八牧浩行
2018年6月4日 7時30分
続きを読む

ランキング