平昌五輪は数百万ドルの黒字―大会組織委員長

配信日時:2018年6月7日(木) 22時0分
平昌五輪は数百万ドルの黒字―大会組織委員長
画像ID  995971
6日、新華社によると、今年2月に行われた平昌五輪組織委員会の李熙範会長が数百万ドルの黒字となったと報告した。写真は李熙範氏(右)。
2018年6月6日、新華社によると、今年2月に行われた平昌五輪組織委員会の李熙範(イ・ヒボム)会長が数百万ドルの黒字となったと報告した。

北京で開かれた国際五輪委員会(IOC)の平昌五輪・パラリンピック締めくくり会議で、李会長は「2018年平昌五輪において、数百万ドル余りの黒字が出たと発表できることを、喜びをもってお知らせしたい」と語った。また、22年の北京冬季五輪についても「平昌の傾向を続けることができれば、黒字を実現できるかもしれない」とした。

IOCのバッハ会長は、五輪改革案の「オリンピック・アジェンダ2020」について言及し「アジェンダが発効したのは平昌が五輪招致に成功して以降だったが、同五輪組織員会もアジェンダ内の提案から多くの利益を受け始めていた」とコメントした。

李会長も「オリンピック・アジェンダ2020の改革、そしてIOCとの緊密な協力がなければこれほどの黒字は実現できなかった。今回の結果によって、アジェンダの果たす役割を確認できた。アジェンダは今後の五輪運営を正しい方向へと前進させてくれることだろう」と語ったという。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 心配性***** | (2018/06/12 06:01)

    誰も信用何てしませんね。 後々平昌が財政危機なんて報道されるのが目に見えてますよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ガッサ***** | (2018/06/12 00:55)

    黒字(但しインフラ費用を除く) 全体予算14兆ウォンの中12兆ウォンはKTXなどインフラに充てられ、残り2兆ウォンが「実質的な」五輪予算。それをチケットやグッズ販売で賄えた、ということ。確かに黒字だ。 韓国はこの「実質的」が大好きな国で、負の遺産としてのこった競技施設、撤去復旧すると言って放置しているクロカンコース。これらの建設・撤去・復旧費を入れたら10兆ウォン以上の赤字になるのではないか。 売れたチケットも自治体に押し売り、結局屋外競技はガラガラのノーショーの嵐。 傍目に見ても失敗としか言えない。 バッハ会長は北朝鮮を参加させたことで鼻高々のようだが、五輪の政治利用禁止の精神に反すると思わないのか。 間違っても東京五輪に北朝鮮強制参加などという世迷言を言わないでほしい。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • MR***** | (2018/06/08 10:28)

    北京オリンピックの時いろいろ新しく作ったり、終わった後施設の維持管理で赤字が出ていると報道されたけど、いかにコンパクトにコスト押さえつつ盛大に開催できるかがスポーツ大会の課題だね~
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事