中国で物議の日本のラノベ「二度目の人生を異世界で」が出荷停止、アニメ化も中止に=中国ネットの反応は…

配信日時:2018年6月7日(木) 12時40分
「二度目の人生を異世界で」、アニメ化中止に=中国ネットの反応は…
画像ID  995970
6日、観察者網は、主人公の設定が「中国を侵略し3000人以上を虐殺した日本軍兵士ではないか」と物議を醸していた日本のライトノベル作品について、出版社が出荷停止するとともに、予定されていたアニメ化も中止が発表されたと報じた。資料写真。
2018年6月6日、観察者網は、主人公の設定が「中国を侵略し3000人以上を虐殺した日本軍兵士ではないか」と物議を醸していた日本のライトノベル作品について、出版社が出荷停止するとともに、予定されていたアニメ化も中止が発表されたと報じた。

出荷停止とアニメ化中止が決まったのは、まいん氏作のライトノベル「二度目の人生を異世界で」。主人公は94歳の剣客で、15歳時に中国に渡ってマフィアの一員として殺人に携わり、その5年後に「世界大戦」に従軍して3712人を斬り殺したという設定だ。

記事は、主人公の設定やストーリーから、日本と中国双方で「中国人3000人を殺したという旧日本軍兵士がモチーフではないか」と指摘する声が出ていたことや、同氏が2013年ごろにツイッターで「虫国」「姦国」など、中国や韓国を蔑視するようなツイートをしていたことを紹介している。

作品や作者に対する疑問の声が高まるなか、出版社は6日に同作品全18巻の出荷停止を発表。また、同作品のアニメ化公式サイトもアニメ制作と放送の中止を発表した。これに先立つ5日夜には、アニメ作品に参加予定だった4人の声優が相次いで降板を発表していた。

一連の騒動に対して、中国のネットユーザーは「中国の出版当局は、中国のサイトで紹介されている日本のライトノベルを徹底的に調査すべきだ」「実際、日本にはこういう筋立ての物が多いと思う」「この小説は南京大虐殺の存在を認めるようなもの。日本の右翼はうれしくあるまい」「アニメ作品などの版権者は作者に賠償を求めるべきだ」などのコメントを残している。(翻訳・編集/川尻
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事