Record China

ヘッドライン:

日本のバラエティー番組で登場した意外すぎる料理に、中国ネット「これぞ匠の精神」「超くだらない」

配信日時:2019年2月15日(金) 1時10分
拡大
中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で日本の情報を紹介するブロガーが13日、AbemaTVで放送されたバラエティー番組の一こまを紹介。ネットユーザーから反響が寄せられている。写真は水。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で日本の情報を紹介するブロガーが13日、AbemaTVで放送されたバラエティー番組「おはようロバート」の一こまを紹介。ネットユーザーから反響が寄せられている。

紹介されたのは、昨年12月に放送された「お水クッキング」。お笑い芸人のロバート馬場裕之さんが水だけを使って料理をするというもので、鍋で水を煮立たせ、フライパンで水を炒めた後、凍らせた水(=氷)と共にミキサーにかけ、最後にお好みで水を加えて「水」が完成するというシュールな内容。実際に食し、秋山竜次さんが「さっぱりしてて冷たくて喉通り良くてゴクゴク行けちゃう」、馬場さんが「後味に一切嫌味がない」とコメントする中、山本博さんが「いや、水だよ」と突っ込んで終わる。

これに対し、「日本人ってどんだけ暇なんだよ」「超くだらない」などのツッコミが寄せられる一方、「あら、不思議!」「まさに男の料理」「また一つ料理を覚えた」「これぞ日本の匠の精神。日本だけがこうして普通の水を作っているのです」と乗っかるコメントや、「グルメ番組への皮肉だね。素晴らしい」と評価するコメントも寄せられている。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「日本は思ったほど悪くなさそうね」=反日だった叔母のあまりの変わりように、ぽかーんとしてしまった―中国人学生

日中両国の相互理解の不足とはよく言われることだが、些細なことがきっかけでイメージがガラリと変わることもあるようだ。国際関係学院の王晨陽さんは、日本旅行のお土産を受け取った親戚の反応について作文につづっている。資料写真。

Record China
2017年6月18日 12時50分
続きを読む

<コラム>「便秘になってしまって…」、中国に留学した日本人が遭遇した意外な困り事

中国の大学の留学生寮に、30代半ばにして4年近く住んでいた私は、いつの間にか中国人寮父から「日本人の主」とみなされるようになり、学期の初めには新入りの日本人留学生がドアをノックしてあいさつに訪れるようになった。筆者撮影。

浦上 早苗
2017年6月3日 14時20分
続きを読む

ランキング