Record China

ヘッドライン:

南北関係に早くも暗雲?将官級軍事会談が“気まずい雰囲気”に=「北朝鮮は上から目線」「やっぱり距離がある」―韓国ネット

配信日時:2018年6月15日(金) 16時50分
拡大
2018年6月14日、韓国・ニューシスは、10年半ぶりに開催された南北将官級軍事会談が「気まずい雰囲気の中で終わった」と伝えた。

記事によると、南北将官級会談の終結発言として、韓国側首席代表の金度均(キム・ドギュン)国防部対北朝鮮政策官が「全体的に会談が長くなったが、それなりに所期の成果を収め、双方の立場を確認する意味のある時間だった」と発言すると、北朝鮮側首席代表の安益山(アン・イクサン)中将(韓国の少将級)は「このような会談は二度としないようにしよう。会談文化を創造し、スピードにおいても質疑においても内容においても模範戦闘をしたかったが、本当に残念だった」と会談内容に対する不満を述べた。

安首席代表の発言を受け、金首席代表が再び「軍事分野の懸案課題を討議するプロセスは、真剣で常に難しい問題」と反論すると、安首席代表は「次回の協議をまた同じようにしようという意味ではありませんよね。(今回のような協議は)やめましょう」と述べ、“気まずい雰囲気”になったという。

金首席代表は会談終了後に行われた記者会見で、安首席代表の発言について「文案調整の過程で、何度も意見を調整する過程を繰り返したので、そのようになった」と語った。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「なんだか上から目線だな。気分悪い」「傲慢な言い分」「やっぱり北朝鮮とは距離がある」「結局、韓国側からの一方的な支援で終わってしまうような気がする」「韓国側は十分譲歩していると思うがな」「自分たちが決めた通りに進まないと嫌なんだ」など、北朝鮮との対話の難しさに言及する意見が寄せられた。

また「もう北朝鮮との会談は止めにしよう」「お互いに信頼していないのに会談は無理」など、会談中止を訴える意見も見られた。(翻訳・編集/三田)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

「安倍首相と会ってもよい」金正恩委員長の発言に「中国からますます遠ざかっていく」―中国ネット

14日、新浪新聞の中国版ツイッター・微博アカウントの微天下は、金正恩委員長が「安倍首相と会ってもよい」と語っていたことが分かったと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は金正恩委員長。

Record china
2018年6月14日 16時30分
続きを読む

<コラム>米朝合意は北朝鮮の「勝利」だったのか

米朝首脳の「6・12会談」は、4項目の合意書を発表して終わった。北が核廃棄を行うというだけで、詳細なスケジュールは記載されなかった。この結果、北の「勝利」であると、北朝鮮専門家は一斉に批判している。果たしてそうだろうか。写真は米朝首脳会談の関連報道。

勝又 壽良
2018年6月14日 12時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング